お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

きのこ博士に聴く!キノコの健康効果とは?

はじめよう!きのこ習慣!

JA中野市プレゼンツ『はじめよう!きのこ習慣!』。TBSアナウンサー豊田綾乃が、「おいしい」「元気」「美しい」をキーワードに「きのこ」の素晴らしさを発信。毎回ゲストをお迎えして、きのこの魅力を聞き出します!!(毎週土曜、午後4時50分~)


美味しいだけじゃない!キノコの健康効果とは!?

今週は、東京農業大学・地域環境科学部教授の江口文陽先生にお話を伺いました。研究を初めて30年。キッカケはお父様の病気だったのだとか。高校生の時にお父様ががんになり、その時医師から処方された薬が「きのこ」から作られた薬。その科学的根拠を確かめたくて、きのこの研究を始めたのだそうです。

実際、キノコは90%が水分で低カロリー。食物繊維が豊富で、食べる事で腸の運動を活発にしてくれます。キノコの栄養はもちろん、その他の食材の栄養も吸収しやすくする働きもあるんです。また、食物繊維は体の中のゴミを体外に排出し、血糖や、血圧を正常に保ったり、免疫力アップするなど、カラダを健康に保つ食材と言えます。

最近の研究で、「キノコの食物繊維とタンパク質が血管に入ることで血流を改善することも分かった」と江口先生。皮膚や美容は、血流が良くなることが一番。つまり、肌荒れ防止、美白効果を高める、つまり、キノコは美容にいいということが言えますね。

きのこの1日の摂取量の適量は、50~100グラム。えのき茸1袋がだいたい200g程度ですから、1/4~半分程度が目安ですと言えますね。しかし、実際は1日15g程度しか、摂取できていないのだそうです。そこで来週は、そんなきのこの健康効果を手軽に毎日摂取できる「えのき氷」についてお話をうかがいます。来週もお聴き逃しなく!!

きのこ習慣