お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

絵本週間

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

3月27日から4月9日までは「絵本週間」です。
絵本文化の発展と、「教育の場」や「家庭」に、いっそう「絵本読書」が定着するように…ということで、この「絵本週間」が設けられたそうです。
ではなぜこの時期に制定されたのでしょう。
それは、世界中で愛されてきた童話作家とかかわりがあります。
「人魚姫」や「みにくいあひるの子」など、美しい童話をたくさん生み出してきたアンデルセン。
そのアンデルセンの誕生日である【4月2日】の前後2週間を「絵本週間」にしたそうです。

絵本は、子どもたちの大切なオトモダチです。
一度気に入ると、何度も何度も読み返していますよね。

●大きなカステラがおいしそうな、「ぐりとぐら」。
●一軒の小さな家と、時の流れを描いた「ちいさいおうち」
●おくびょうな少年が勇気をだすおはなし「モチモチの木」

いかがでしょう。
皆さんも、ページがボロボロになるぐらい繰り返し読んだ絵本があるのではないでしょうか。

そして、今年の2月、ひとりの絵本作家がなくなりました。
ミッフィーの生みの親、ディックブルーナさん。
ブルーナさんは、1927年、オランダ生まれ。
本の装丁やポスターを手掛けるグラフィックデザイナーでしたが、絵本も発表するようになり、世界的な絵本作家になりました。
みんなが大好きなあのミッフィーは、幼かった息子さんに話してきかせたお話から誕生したといわれています。
ブルーナさんが使ったのは、赤、黄色、青、緑といった明るくはっきりした色。
あの特徴ある色づかいは、「ブルーナカラー」と呼ばれています。
ブルーナさんは天国へ旅立ちましたが、きっとこれからもずっと、あの明るい色づかいが、世界の子どもたちを笑顔にしてくれるのでしょうね。

3月27日から4月9日までは「絵本週間」。
この機会に、懐かしい絵本を読み返してみませんか。
今の子どもたちに人気の新しい絵本を開いてみるというのもいいですよね。
一冊の絵本が、みなさんの毎日に、意外な潤いを与えてくれるかもしれませんよ。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。