お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

妊婦さん1日1分のスロートレーニングで産後も元気に!

ジェーン・スー 生活は踊る

妊娠中の体調管理は母体にとっても、お腹の赤ちゃんにとっても大事な問題。産後もお母さんが元気でいられるよう応援している一般社団法人 日本マタニティフィットネス協会が運営する、マタニティ専用フィットネススタジオ「ハイハットスタジオ」のインストラクター、山口真澄さんに妊婦の方でも無理なくできるトレーニングを伺いました!
DSC_9024お母さんが出産産後も元気に過ごすためには、妊娠中から適度な運動をして体力をつけておくことが大切と語る山口さん。
山口さん自身も、二人のお子さんをお持ちで、妊娠中から運動をしていたそうです。

そんな山口さんオススメのトレーニングは、1日1分のスロートレーニング!

▼テーブルや椅子、壁などに手を添えて、倒れないように安全を確保した状態でゆっくりとスクワット。
これは、太ももなど、出産に大事な下半身の筋力を鍛えるトレーニング。
ポイントは、「ゆっくり」と行うこと。
目安としては、3秒かけてしゃがみ、3秒かけてもどること。これを1日、5回2セットくらい行うと効果的だそうです。
大事なのは、継続することなので、無理のない回数で行ってください。

▼もう一つ、有酸素運動もとても大事なので、定期的にウォーキングするのがおすすめ。
ウォーキングといっても、ちゃんとしたコースを歩く本格的なものじゃなくても、日常の歩行(買い物、通勤など)のときに、腕をしっかりふるなどちょっとした負荷をかけるだけで大丈夫。

▼ただし注意点も!
基本的には、安定期に入ってから行うといいでしょう。
また、担当の医師に運動しても大きな影響がないか確認すると、より安心です。
中には、運動制限がかかってしまう方もいますので、そういった方は、決して無理しないでください。
過度な運動は禁物です。

▼一人で始めるのは不安!という方は、各地の医療施設で行っている、マタニティフィットネス教室やレッスンに通うのがおすすめです。
マタニティフィットネス協会のHPで、マタニティフィットネスに取り組んでいる病院、医療施設を検索することができます。

また、山口さんがインストラクターをつとめている、自由が丘の「ハイハットスタジオ」でも、マタニティフィットネス教室を行っています。こちらも、マタニティフィットネス協会のHPからアクセスできます。

▼さらに、4月8日(土)、9日(日)午前10時〜夕方5時まで、パシフィコ横浜で開催される「マタニティ&ベビーフェスタ2017」でも、マタニティフィットネス体験ができます。
高橋ミカさん、蛯原英里さんのスペシャルトークショーなど、内容盛りだくさん。入場無料なので、ぜひ足を運んでみてください!