お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「相模原障害者施設殺傷事件をきっかけに政府が上程した『精神保健福祉法改正案』〜その問題点とは?」斎藤環×たにぐちまゆ×高木俊介×荻上チキ(3月27日放送分)TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」

荻上チキ・Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

▼22時10分頃〜 Daily News Session 

番組がピックアップしたニュースを独自の視点で読み解きます。

▼22時45分頃〜 Main Session 

相模原・障害者施設襲撃事件をきっかけに政府が提出した
精神保健福祉法改正案、その問題点とは?

20170327_main2

20170327_main1

【スタジオゲスト】
精神科医の斎藤環さん

【電話ゲスト】
大阪精神障害者連絡会の事務局長のたにぐちまゆさん
ACT-K主宰、たかぎクリニック院長の高木俊介さん

———————————–

今夜、番組で取り上げるのは、現在、国会で審議が進められている「精神保健福祉法」の改正案です。
この法案は、相模原の障害者施設・襲撃事件を受けて作られたもので、被告が事件を起こす前に、措置入院していたことを踏まえ、
措置入院患者の支援の強化を柱としています。

措置入院は、精神疾患のため自身や他人を傷つける可能性がある場合などに、
行政側が入院を命じるもので、今回の改正案では措置入院患者に対する継続的な支援を自治体に義務付けることなどが盛り込まれています。

しかし、この法案に対して、学会や当事者団体などから、反対声明が出るなど懸念が広がっています。

今夜は、精神保健福祉法とはどんな法律で、今回の改正案で何が問題になっているのか、当事者や医師の方に伺います。

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ。
===============================