お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

手塚治虫

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

 

今から14年前のきょう、2003年4月7日は天馬博士が亡くなったひとり息子に似せて作ったロボットが生まれた日。‘漫画の神様’こと手塚治虫さんの描いた人気キャラクター「アトム」の誕生日となっています。人間と同じ感情を持ち、会話もできる高度なロボット「アトム」が最初に登場したのは昭和26年の漫画連載でのこと。作者の手塚治虫さんは、その時代から50数年後の2003年には、ロボットが当たり前のように存在すると考えていたことになりますね。

 

さて『鉄腕アトム』を生み出した漫画家・手塚治虫とはどんな人物だったのでしょう。ストーリー漫画という現在の漫画を構成する要素「右から左に読んでいくスタイル」「不均等で大胆なコマ割り」などほとんどすべてを発明したとされます。最盛期には同時期に10数本の連載を抱え、生涯で17万枚の漫画を描き、なんと700ものお話しを作りました。このため背景などを描く「アシスタント・システム」を導入したのも手塚さんが最初とされています。漫画以外でも、自ら会社を設立して「アニメ制作」に乗り出し、現代の「クールジャパン」を代表するマンガとアニメを作り出した人物です。移動中のタクシーの中でも正確に漫画を描き、また海外からアシスタントに電話で指示を出す際には「あの作品のあのページの4コマ目と同じ背景で。」など、自身の作品すべてを記憶していたとも言われています。まさに〝漫画の神様〟と呼ばれるゆえんですね。

 

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。