お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

採用面接5回って意味あるの?

久米宏 ラジオなんですけど

TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。
4月1日(土)放送のゲストコーナー「今週のスポットライト」では、横浜国立大学准教授の服部泰宏さんをお迎えしました。

服部泰宏さん

服部さんは1980年、神奈川県生まれ。関西学院大学でミクロ経済学を専攻し、神戸大学大学院で経営学を研究。特に、企業に勤める個人と企業がお互いに求めていることにはどんなズレが生まれているのか、どうしてズレが生まれるのか、ということに関心を持っていました。現在は、企業の採用活動を科学的に研究する「採用学」に取り組んでいます。

採用学

企業が活性化するか衰えるか、カギとなるのは人材です。となれば採用学はその企業の将来、ひいては日本の将来がかかっているのです。欧米ではすで採用活動の研究がかなり進んでいますが、日本ではまだまだ。入社後の人材育成についてははっきりした方針があっても、最初の入り口である採用の部分は実はかなり曖昧で、それが企業と社員の様々なミスマッチの原因になっていると、服部さんは指摘しています。

服部さんがいろいろな企業に聞き取りをしてみると、採用担当者によって人を見る基準がばらばらであることも多かったそうです。多くの企業が「コミュニケーション能力」を採用基準として重視しています。ところが詳しく聞いてみると、ある担当者はたくさんさんしゃべるタイプをコミュニケーション能力が高いと判断し、ある担当者は発言回数は少なくても影響力のある一言を発するタイプをコミュニケーション能力が高いと見ていたりします。

スタジオ風景

また、コミュニケーション能力が高いと評価されて採用された新人の配属先を調べてみると、営業だったり、総務だったり、開発部だったり、いろいろです。そんなにどこの部署もコミュニケーション能力が高い新人を本当に望んでいるのでしょうか? 本当に必要な人材はもっと別のタイプである可能性は大いにあります。「チャレンジ精神がある」「主体性がある」という評価軸についても同じことがいえます。

久米宏さん

採用担当と育成担当が連携を取っていない企業がとても多いのも日本の特徴だそうです。採用担当がどういう基準で新人を採用したかを育成担当は把握しないまま新人を配属したり、育成するというケースは珍しくありません。採用した新人が数年後、企業に貢献できているかどうかについて、採用担当者は責任を問われることもほとんどありません。採用と育成が別々のものとなっているのが日本の企業の現状です。採用した時の評価と入社数年経ってからの評価がどう変わったか、服部さんが追跡調査してみると、ほとんど一致していなかったそうです。採用担当者の人を見る目は、ある意味、あてにならないという結果が出ているのです。

だからこそ企業は、採用面接を何度も繰り返して、新人の能力と、その人が自分の企業に必要な人材かどうかを、見極めようとします。ところがこれにも疑問あり。採用面接を3次、4次、5次…と重ねることに、はっきりとした根拠は本当にあるんでしょうか? これも服部さんが調べてみると「うちは毎年、面接は5回やってるので…」という、なんとも曖昧な回答が決して少なくなかったそうです。5次面接まで重ねた後で、最終面接での総合評価で決める…これなどはやめたほうがいいと服部さんは言います。総合評価って一体何でしょう? これも実に曖昧。結局、面接官の第一印象やフィーリングによって判断されていることが多いのです。

スタジオ風景

このような採用のやり方では、入社後に、社員も企業側も「こんなはずじゃなかった…」となってしまってもおかしくありません。日本でもようやく最近になって、「採用」に対する考え方を見直そうという動きが出てきたそうです。採用担当者は専門職にするべきだというのが服部さんの考えです。比較的若い社員を数年交代で担当させている企業が多いのですが、本当は長年継続して採用・育成・人事を担当するほうが企業にも社員にもプラスが多い。採用のスペシャリストを育てることも企業の大きな課題になりつつあります。欧米では採用のスペシャリストは「リクルーター」と呼ばれ、マーケッターやクリエイターと並んで、重要かつクールな人気の職業になっていそうです。

服部泰宏さんのご感想

服部泰宏さん

まず、気持ちよくお話させていただいて、ありがたかったです。久米さんも採用に対して強い思いがおありのようで、そんなことをお考えだったんですかと、非常に共感もしましたし、驚きでもありました。ですから、とことん考えていくと、世界は違っても共感する部分があるんでしょうね。ありがとうございました。

2016年4月1日(土)放送「今週のスポットライト」、ゲスト:服部泰宏さんhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170401140000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)