お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「なぜ、韓国大統領の多くが不幸な末路をたどるのか?」浅羽祐樹×米村耕一×荻上チキ(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ・Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

▼2017年4月3日(月) Main Session 

朴槿恵氏を逮捕、今月中にも起訴へ
なぜ、韓国大統領の多くが不幸な末路をたどるのか?

20170403_main1

20170403_main2

20170403_main3

【スタジオゲスト】
現代韓国政治が専門の新潟県立大学教授の浅羽祐樹さん
【電話】
毎日新聞・ソウル支局の米村耕一さん

——————————————————-

先月31日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領は収賄など
13の疑いで、検察に逮捕されました。

これまで、韓国の大統領経験者で逮捕されたのは、
全斗煥(ちょんどふぁん)氏、盧泰愚(のてう)氏に続き3人目で、
任期の途中で罷免された上での逮捕は初めてです。

また、朴槿恵氏の父親である朴正煕(ぱく・ちょんひ)元大統領は
1979年に暗殺され、2009年5月には、
盧武鉉(ノムヒョン)元大統領が自殺。

その回顧録には、「大統領になろうとしたのが最も大きな間違いだった」と
記されるなど、大統領を退任後も含め、
不幸な末路をたどる例が数多くあります。

今夜は、なぜ、韓国の多くの大統領経験者は不幸な末路をたどるのか、
専門家と共に考えました。

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ。
===============================