お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ライブハウス屋上を畑にした「渋谷の農家」

久米宏 ラジオなんですけど

TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。
4月15日(土)放送のゲストコーナー「今週のスポットライト」では、東京・渋谷のライブハウスの屋上で畑をやっている「渋谷の農家」こと、編集者の小倉崇(おぐらたかし)さんをお迎えしました。

スタジオ風景

小倉さんは1968年、東京都生まれの千葉県佐倉市育ち。東京の大学を卒業して、出版社で女性週刊誌やファッション誌などを担当。現在は独立して、編集や広告、ライターの仕事が本業ですが、それに負けないほどのめり込んでいるのが「農業」です。元々は農業とは縁遠い生活をしていた小倉さんを畑に駆り立てたのは、1束のほうれん草がきっかけでした。

渋谷の農家

フリーの編集者となって全日空の機内誌を手がけるようになった頃、山形県飯豊町(いいでまち)の米農家を1年間かけて取材してから農業への意識が芽生えました。そして各地の有機農家を訪ねる中で、神奈川県・相模湖で、農薬も化学肥料も一切使わず、土の力だけで野菜を育てている自然栽培農家・油井敬史(ゆいたかし)さんと出会いました。初めて油井さんの畑で見せてもらったほうれん草は、まるで観葉植物のように葉が肉厚で、今まで見たものとは明らかに違っていました。そして食べた瞬間、小倉さんの体に衝撃が走りました。今まで味わったことのないような濃厚で複雑な滋味(じみ)が口いっぱいに広がったのです。「土だけでこんなにおいしい野菜が作れるの?! 僕もたまに手伝いに来ていい?」 そこから小倉さんは一気に農業の面白さにはまっていったそうです。

久米宏さん

おいしい野菜ができる秘密は土にあります。小倉さんたちの畑では肥料は使わない代わりに、カヤが混ぜ込んであります。カヤは微生物によって分解され、栄養のある土になるのです。また微生物自体も活発になります。これが「いい土」であり、そこに肥料を加えなくても十分なのです。肥料を加えた畑はいわば栄養過多の状態で、野菜を早く、大きく成長させるにはいいのですが、味が良くなることにはなりません。一方、微生物が活発ないい土だけで育てると、根をたくさん出して一生懸命、養分を取り込もうとするので、うまみがぎゅっと濃縮されたおいしい野菜になるのです。

weekend farmers Tシャツ

小倉さんは、もっとたくさんの人たちに畑で汗を流す楽しさとおいしい野菜の作り方を知ってもらおうと、油井さんと2人で「Weekend farmers」を結成し、収穫祭などのイベントを開いています。週末になると相模湖の畑にいろいろな人たちが集まるようになりました。小倉さんがほうれん草を食べた時と同じ驚きが畑に集まった人たちの間にも広がっていきます。それはまるで湖の波紋のように静かに、でも確実に広がっています。そして畑の出会いが新たなつながりとなって小倉さんたちに思わぬ展開をもたらします。それが「渋谷の畑」です。渋谷でスクランブル交差点の大型画面やライブハウスを運営しているシブヤテレビジョンの社員たちが小倉さんに共感し、「TSUTYA O-EAST」の屋上を使った畑というアイデアが生まれ、とんとん拍子に実現してしまったのです。

ビルの屋上に畑

畑といっても実際は、1.5m×3.5m、深さ40cmのプランターです。なあんだと思われるかもしれません。これが農業? お遊びじゃないの? 遊びでいいんです。遊びだからいいんです。これぐらいだから誰でも気軽にできる。それでも十分すぎるぐらい楽しくて、しかも驚くほどおいしい野菜ができるんです。郊外の相模湖まで出かけて土と遊ぶのもいいけれど、都会にいたってできるんです。

稲作

渋谷のライブハウスの屋上には、実は田んぼもあるんです。2リットルのペットボトルに土と水を入れ、そこに苗を植えます。それをずらっと並べたのが「渋谷の田んぼ」です。去年(2016年)はこの屋上で、なんとごはん30杯分のコメが収穫できました。渋谷のラブホテル街の一角で稲刈りなんて、誰が想像したでしょう。もしこれを渋谷にあるビルの屋上でみんながやったら、都会の棚田じゃありませんか!

久米宏さん

小倉さんには壮大な構想があります。渋谷区の面積が15キロ平方メートルで、その半分がビルで占められているとして、そのビルのさらに半分の屋上を田んぼにしたら、なんと130万キロのコメが収穫できる計算。茶碗1杯のごはんが180gとして130万キロだと、70万杯分。渋谷区の人口が22万人ですから、ひとり3杯分のコメが自給できちゃう! そんな「渋谷の田んぼプロジェクト」が今、本当に動き出しそうなんだとか。コンクリートとビルが溢れる渋谷の街をドローンで上空から撮影したら、一面、黄金の稲穂の海…ということになったら、最高ですね!

小倉崇さんのご感想

小倉崇さん

久米さんにぜひ、農家になってほしいです! 結構お似合いになりそうですし、しかも、かなりこだわったものを作りそうですよね。

久米さんは『ぴったしカン・カン』『ザ・ベストテン』『ニュースステーション』と、僕が育ってきた中で年代ごとにずっと見てきた方なので、ご一緒していて不思議な感じでした。すごく楽しかったです。ありがとうございました。


2016年4月15日(土)放送「今週のスポットライト」、ゲスト:小倉崇さんhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170415140000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)