お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

自然の中にある深み。男性と金魚の・・・?【蜜のあわれ】(前編)

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

今週はゲストに俳優の橋本じゅんさんをお迎えして、
室生犀星の『蜜のあわれ』(前編)をお届けしました。

20170528bunngaku

 

なんとも不思議で独特な世界観のある作品。
原作もほとんどが、上山という男性と金魚(若い女性)の会話だけで進んでいきます。

 

橋本さんは舞台経験も豊富な方なので、“相手のお芝居を受けて自分のお芝居を返す”という、
会話劇で最も大切なことを収録中も特に意識されていたようです。
細部までその人物の持つ背景や深みが滲み出るような表現で、
さらに味のある素敵な物語に膨らませてくださいました!

 

一方朋子さんが演じられたのは金魚。
といってもただの金魚ではなく、
若い人間のような女性になっているという不思議な設定でもあるので、
どことなくミステリアスで淡々とした雰囲気が漂います。

どんな展開になるのか全く想像がつかず、
気がつくと物語の空気に包まれていた方も多いのではないでしょうか。

あとをつけていた女の正体、今後物語がどうなっていくのか、続きが気になりますね!

 

来週の『蜜のあわれ』(後編)も、どうぞお楽しみに♪

 

by 永瀬千裕

 

 

ピックアップ