お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

保温マグで料理もできる

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

あったかいモノをあったかいままで、冷たいモノを冷たいままで、そんな願いを叶えてくれるのが、保温ポットや保温マグ。
すでに、いろんな機能、いろんな形のものがありますが、その人気は衰えることはなく、まだまだ進化を続けているようです。

たとえば、オフィスで好評な、保温マグ。
マグカップに蓋がついたデザインで、デスクに置いて使うにはとっても便利な形です。
これに、「茶こし」がついたタイプがあるんです。
マグの中に茶こしをセットして、ここにコーヒーの粉や紅茶の葉っぱを入れます。
保温機能があるので、しっかり「蒸らす」ことができて、おいしいコーヒーや紅茶ができるそうです。お気に入りのハーブティーや、いつも飲んでいる健康茶といったものがある方には、かなり便利なのではないでしょうか。

保温マグに保温ポット……と、とっても便利な「保温グッズ」。
いまは、飲み物に限らず、料理のほうでも大人気です。
メーカーによって「フードポット」「フードコンテナ」「スープジャー」といったものを上手に利用している方が増えています。

見た目は「丈の短い保温ポット」または「持ち手のない保温マグ」といったところでしょうか。スープやシチューといった温かいものを、お弁当として持っていくときに使います。
また、このポットが持つ「保温機能」を利用して、調理に使うこともできるそうです。
たとえば、ポトフ。
小さく切った野菜やソーセージを入れ、沸騰したお湯を注いで蓋をします。
余熱であっためて素材がやわらかくなったら、お湯を捨てて、スープの素や調味料を入れ、再び沸騰したお湯を注ぎます。
これで、ポトフの完成!便利ですよね。

そして、これから、季節は春から夏へ向かいますが、冷たいデザートも、このフードポットで作ることができるんです。
この場合は「余熱」ではなく「予冷」を利用します。
あらかじめ氷でポットを冷やし、保冷効果によって、ゼリーやプリンをかためます。

保温と保冷、上手に使いこなせば、いろんなものができそうです。
これからゴールデンウィークもやってきますし、工夫次第で、おでかけが、より楽しくなりそうですね。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。