お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

46歳男性・生まれつき職人さんの俺の5つ星『もう行かないと思ったラーメン屋さん』のエピソード。[伊集院光とらじおと内]

俺の5つ星

46歳男性・生まれつき職人さんの俺の5つ星『もう行かないと思ったラーメン屋さん』

およそ20年前、
八王子の甲州街道から10メートルほど入った路地に
「越後」と言うラーメン屋がありました。

うす暗い雰囲気のお店だったため、なかなか入る勇気が出ず、
同僚と一緒に入店したのは、存在を知ってから数か月後でした。

入ると、パンチパーマをあてた小柄で眼光の鋭い店主と、
怒ってるようなメガネの女性という二人の店員さんがいました。

メニューは確か、ラーメンと餃子だけだったと思います。
ラーメンはとても熱いスープに脂が浮いており、
麺の上にナルトと小松菜が乗せられているというものでした。

魚の味がかなり強く、今まで食べたことのない味に正直、戸惑い、
店を出た後、同僚と「もう行かないな」と話しました。

ところが、1ヶ月ほどして、
もう一度、味を確認したくなり、1人で行ってみました。

そんな感じで、私は気付けば「越後」に通うようになり、
お店に一緒に行った同僚ともお店で二回、遭遇しました。

しかし、久しぶりに行くとお店は跡形も無くなってました。
この「越後」について、なにかご存知の方は教えてください。


2017年4月25日O.A.

46歳男性・生まれつき職人さんの俺の5つ星『もう行かないと思ったラーメン屋さん』

●パーソナリティー:伊集院光
●アシスタント:上田まりえ
●調査員:小田祐一郎(だーりんず)

 

ピックアップ