お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

ソクラテスの名言 無知の知

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

古代ギリシャの哲学者・ソクラテス。
生まれたのは、「紀元前469年ごろ」と言われていますが、はっきりとした誕生日はわかっていません。でも、なくなった日はわかっています。
紀元前399年の「4月27日」。
つまり、今日は、ソクラテスの命日ということになります。

さて、ソクラテスにまつわる有名なエピソードをひとつお話しましょう。
ある日、ソクラテスの弟子が、アポロンの神殿に、お告げを聞きに行きました。
質問をすれば、巫女を通じて神様が答えてくださるのです。
弟子は質問しました。
「ソクラテスよりも賢い人はいますか」
すると、その答えはこうでした。
「ソクラテスにまさる賢者はいない」。

これを聞いたソクラテスは大喜び!・・・かと、思いきや、そうではなかったんです。
「自分よりもっと賢い人がいるはずだ」と言って、さまざまな分野で「賢人」と呼ばれる人たちを訪ねはじめます。

賢人たちに会って、対話を重ね、ソクラテスはあることに気づきます。
「賢人たちは、本当は知らないのに、知っていると思い込んでいるだけだ」
そして、彼はひとつの答えに行きつきます。
「知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢い」。
この、ソクラテスの考え方は、「無知の知」という言葉でも知られています。
たぶん、勘違いする方はいないと思いますが、念のために申し上げておきますと、「ビシッ!バシッ!」のムチではありません。
「知らない」と書く「無知」のほうです。

さて、ソクラテスは、若者たちから圧倒的な支持を得ていましたが、彼に言い負かされた人たちからは、妬みを買っていたようです。
「ソクラテスは異教の神を信じ、若者たちを堕落させた」と、裁判にかけられ、死刑を宣告されてしまいます。
友人や弟子が、脱獄させようとしますが、ソクラテスは「不正はしたくないと」それを断り、毒を飲んで、みずからその生涯を閉じたといいます。

ソクラテスが亡くなってから、ずいぶん年月が流れました。
でも、彼が残した「無知の知」という言葉は今も生き続けています。
「うん、知ってる!知ってる!」ではなくて、「いや、まだまだわかってないぞ」という気持ちで、勉強したり、反省したりすることが大切なのかもしれませんね。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。