お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

ジャズピアノの父 アール・ハインズ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

「ジャズピアノの父」と言われている「アール・ハインズ」
尊敬の念をこめて、アール・ファーザー・ハインズとも呼ばれています。

彼は、当時流行っていた【ラグタイム】と呼ばれる演奏技術を身につけたうえで、ピアノにおけるメロディやコード、リズムの表現に新しい風を吹き込み、ジャズが表現の幅を広げていくのに、重要な役割を果たしました。

ニューオーリンズで生まれた「ジャズ」
第一次世界大戦の激化とともに、ニューオーリンズの歓楽街が閉鎖され、この街のミュージシャンたちは仕事を失ってしまいます。
彼らがミシシッピ川を北上して向かったのが、【シカゴ】
当時、ニューヨークに次いでアメリカ二番目の大都会だったシカゴには、全米からミュージシャンが集まり、連日連夜、腕を磨いたといいます。

ペンシルベニアの小さな町で生まれたハインズも、一九二五年、このシカゴに移り住んでいます。
そこで彼が出会ったのが、ルイアームストロング。
二人は「マイ・マンデイ・デイト」という曲で共演しています。
「この前約束した月曜日のデート、忘れないでね。僕は靴を磨いて、ネクタイにアイロンをかけて楽しみにしてるよ」
と言っている、なかなか可愛らしい歌です。

1903年に生まれ、1983年に生涯を閉じたアール・ハインズ。
活動期間が長かった彼は、自分より若くて新しいミュージシャンと数多くの共演をしています。
常に最前線にいて若いミュージシャンを導いた彼は、まさしく「ジャズピアノの父」と言えるかもしれませんね。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。