お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

目指すは2020東京!?ヴァイオリニストは幼少期から、MASACA!

コシノジュンコ MASACA

2017年4月30日(日)放送

ゲスト:五嶋龍さん(part2)
masaca_20170423_2
出水:五嶋さん体もガッチリされているんですけど、空手で有段者なんですよね。
五嶋:一応やってます(笑)
JK:何段?
五嶋:三段です。
JK:すごいねえ。これって、オリンピックの種目に入ったじゃないですか。是非それにも挑戦していただきたいな。
出水:如何でしょう?
五嶋:したいです。
JK:すごいことだと思う。空手界では、、、ヴァイオリンを弾いて。
出水:意外だったのが、空手ってコンタクトもありますから、大事な手のこと、きにしなかったのかなあ、という思いがあるんですけど。
五嶋:まぁ、祖父が空手の師範だったし、母もやっていましたし、姉もやっていましたし
JK:え!そうなんですか!?
五嶋:もちろんその、音楽一家と呼ばれていますけど、空手一家でもあるので。もちろんリスクはあるんですけど、得られるものがリスクよりも大きかったんで、やっぱり精神力とか、身体能力とか、いろんなベネフィットがあったと思うんで、そこで空手をすることになったんですけれども、やはりこう、空手をやっていて良かったのは・・・勘違いをして頂いたら困るんですけど・・・やっぱり勝負が好きなんですよ、僕は。やぱりなんでもチャレンジというか、変な風に言うと戦いが好きなんで。1対1で勝負をするというのが、すごくこう男のロマンがあるような気がするんですよね。ですから空手をやっているというのは、色んな精神的な哲学がくっついていますけど、最終的には1対1でこう、周りがなにもない中で、人間対人間、動物対動物の勝負になるんで。あとその、ゲームみたいなところもありますしね、やっぱり快感はありますよね、そこで達成感はありますよね。
出水:そうですね、相手はこうくるんじゃないかって、考えたり、戦略を。
五嶋:面白いですよね。戦略ゲーム、好きですから(笑)
出水:すごい男の子らしい、男性らしい一面を。
JK:すごいね。
masaca_20170423_3

=オンエア楽曲=
M1.  Serenade : V. Socrates / Leonard Bernstein
M2.  愛の喜び / 五嶋龍/クリストファー・ウォーレン=グリーン/フィルハー
モニア管弦楽団