お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

鉄道忘れ物市は傘からギターまで新品半額以下の激安ジャングルだった

ジェーン・スー 生活は踊る

下手なアウトレットよりも安く買い物ができると噂の「鉄道忘れ物市」ご存知ですか? 東京都内の公的機関やJRの忘れ物の中で、警察での保存期間3ヶ月を過ぎても、持ち主や拾主の手に渡らなかったものを、リサイクル業者が買い取り、フリーマーケットのように不定期で販売しているんです。

ではどんな物が売っているのか? どれくらい安くなっているのか? 実際に「鉄道忘れ物市」にTBS杉山真也アナウンサーが潜入してきました!
IMG_2108行ってきたのは、神奈川で展開しているデパートさいか屋 藤沢店で開催されていた忘れ物市。
催事場のフロアの一角に人だかりができており、お子さんから高齢者まで幅広いお客で大にぎわいでした!
IMG_2103商品は、ジャンル毎に箱に放り込まれており、客が自由に手にとって見るフリーマーケットスタイル。
IMG_2101高級ブランドの時計や財布、サングラス、ゲーム機などはショーケースに陳列されていました。

全体をざっと見た感じ、だいたい定価より半額が忘れ物市の相場。そんな中でも、半額以下の掘り出し物もいくつか発見!
IMG_2099例えば「SABONのボディクリーム」(写真手前左)もちろん新品。定価1800円が450円に。「アニエスベーのキーケース」(写真手前右)は、定価2万300円が、1500円と、超お買い得。こういった掘り出し物を見つけるのも、鉄道忘れ物市の楽しさ。
IMG_2100他には、ドライヤー/ヘアアイロン/土鍋/使用感のある靴
IMG_2107ギター、ベー/スーツケース/ラジカセ/ICレコーダー/プラモデル などなど、大小様々なものが大安売り。手に入らないものはないのでは?というレベルの品揃え。

「鉄道忘れ物市」は、さいか屋 横須賀店で5/9(火)まで開催中!