お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

400年前の裁判が逆転勝利 ガリレオ・ガリレイの偉業

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

1983年のきょう、5月9日。ローマ教皇の「ヨハネ・パウロ2世」がバチカンで開かれたシンポジウムで、ある人物に対して謝罪をしました。
ある人物とは、16世紀から17世紀に活躍したイタリア人の「ガリレオ・ガリレイ」です。

1564年、現在のイタリア・トスカーナ地方のピサで生まれたガリレオは物理学者、そして天文学者として知られるようになります。
1609年には、自分で作った望遠鏡で天体の観測を行ない、「月の表面にクレーターがある」ことを発見。

この時代、月は完璧な球体だと思われていました。その後も「木星」や「太陽」、「土星」など太陽系の惑星に望遠鏡を向けます。
そしてガリレオは「金星が満ち欠けする」ことに気がつき、詳しく天体を観測すればするほど、
地球が、太陽の周りを回っていると考えるようになりました。これが、当時一般的であった「天動説の否定」となります。

ここで問題になるのは「天と地と大地は、神が創造した」という旧約聖書の内容です。
キリスト教の影響が絶大だったこの時代、ガリレオが「天動説」を否定して「地動説」を唱えることは、聖書の内容を否定することにつながってしまったのです。

このためガリレオは宗教裁判にかけられます。裁判の結果、「地動説」は異端であるとされ、地動説を広めることを禁止されました。
それでも学者として研究を続けたガリレオは、2度目の宗教裁判にかけられます。
判決で「地動説はまちがい」と誓わなければ死刑、と宣告され、ガリレオはついに無理矢理誓わされてしまいました。

この裁判の最後に、「それでも地球は回っている」と、つぶやいた逸話は有名ですよね。

とはいえ、カトリック側も1983年に、宗教裁判が誤りだったことを表明。
1992年には、正式にガリレオの名誉を回復しました。400年も前のことだとしても「間違っていたなら正す」というカトリックの行動も、すごい話ですね。

おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。
メールは、番組のホームページから、お送りください。
お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます
お待ちしてます!

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。