お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

MASACA! 日光で発見した国の光

コシノジュンコ MASACA

先日、日光に行ってきました。日光の観光を盛り上げようというシンポジウムに参加したんですけれど、私が日光のものに行ったのはずいぶん昔だったので、今回は全体の風景を見たいなと思い、新幹線で熊谷まで行って、そこから車で回って会場に向かいました。

その道中がすごく素敵で! 日光にこんな素晴らしいところがあるんだと、あらためて発見した場所がありました。東照宮は「見ざる言わざる聞かざる」で有名ですけれども、そこへ向かう参道というか、ものすごく長い杉並木があるんです。聞いたところでは1万5000本あるそうです。「こういう場所こそ、世界遺産にするべきじゃないですか」って言ったら、「すでに世界遺産ですよ」って言われちゃって(笑) 私があまり知らなかったんですけれどね。その参道が私は大好きでした。ただ、あれだけ素晴らしいのに、距離があまりにも長いので、ちょっと荒れてるんですよね。もったいないな、あそこを観光名所にする可能性もあるのにな、と思いました。

 素晴らしいところがあっても、そこに泊まらないと意味がないと思うんです。日光には旅館がたくさんあって、海外の方も含めて年間1000万人もの旅行者が訪れるそうですが、宿泊する人は1/3で、ほとんど日帰りが多い。だから、典型的ないいホテルができて、何を食べようか、何が美味しいだろうかとか、そういう特徴が大事だと思うんです。私も行ってみてわかったことですが、あそこは本当に国の財産だと思います。観光とは「国の光を観る」と書きますが、まさに光があるわけです。それをぜひ見に行って、泊まってもらって、地のものをいただく。東京からでも、やっぱりわざわざ来たんだから、1泊していきたいという気持ちもあるでしょう。日光は、中禅寺湖ですとか華厳の滝ですとか、自然も美しいです。自然と、伝統的に作られたものが両方あるという、歴史のある素晴らしいところです。そういう場所も、人がいて初めて磨かれるのだと思います。