お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「トランプ大統領がFBIの長官を電撃解任!FBIとアメリカ政治との関係とは?」荻上チキ×春名幹男×冷泉彰彦 5月11日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

荻上チキ・Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session

トランプ大統領がFBIの長官を電撃解任!
FBIとアメリカ政治との関係とは?

アメリカのトランプ大統領が9日、FBI=連邦捜査局のコミー長官を解任しました。去年のアメリカ大統領選の直前に、民主党候補だったクリントン元国務長官が、個人のメールアドレスを公務に使っていた問題についてコミー長官が捜査の終結を発表したことなどが、「司法長官の権限を侵害した」として、ホワイトハウスが問題視したとみられています。FBI長官が解任されるのは、史上2人目です。
    
トランプ大統領は解任の理由について、「いい仕事をしていなかったからだ」などと説明していますが、民主党などは、トランプ氏の周辺とロシアの関係をめぐる捜査を逃れるのが、目的ではないかと指摘、「アメリカの司法制度がこれほど脅かされるのは、ウォーター・ゲート事件以来だ」などと、批判が高まっています。

一方で、FBIの初代長官、ジョン・エドガー・フーヴァーは、前職も含め、50年近くにわたって長官として君臨。強大な情報網を武器に大統領をも恐れさせていました。今夜は、FBIとアメリカ政治の関係を専門家の方と考察しました。

【スタジオゲスト】
アメリカのインテリジェンスに詳しい国際ジャーナリストの 春名幹男 さん

SS_20170511_haruna

【TELゲスト】
作家でアメリカ在住の冷泉彰彦さん

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================