お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

祝!南方熊楠 生誕150周年。知の巨人に学ぶ

荒川強啓 デイ・キャッチ!

TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(月~金15:30-17:46)。
「気になるニュースが話せるニュースになる!」をコンセプトに、様々なニュースをお届けしています。

dc_header_bg7

 

評論家・山田五郎さんのコラムコーナー。5月18日(木)のテーマは

祝!南方熊楠 生誕150周年。知の巨人に学ぶ

5月18日は南方熊楠の生誕150周年。9歳で百科事典105冊を暗記し神童として知られた熊楠は、大学予備門(東大)に入学。19歳で渡米しミシガン州立農業学校で学んだ後、26歳でイギリスへ。英国博物館で博物学や民俗学に関する書物を筆写しながら研鑽を積みました。

これだけ学問を積み重ねたものの、東大もミシガン州立農業学校も中退。「肩書きがなくては己れが何なのかもわからんような阿呆共の仲間になることはない」と、研究所にも属さず、無職の一般人の「研究者」を貫いたのです。何もかもが独学で、特定の師も肩書きも無し。国の支援も受けず。

しかし、その学問体系は博物学、民俗学、細菌学、天文学、人類学、考古学、生物学など多岐に渡り、偉大な業績を残した「知の巨人」です。きょうは、その南方熊楠の功績を振り返り、知の巨人から学ぶことは何かというお話…詳しくは「TBSラジオクラウド」でお聴き頂けます。