お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


菅野さん恐れ入ります(汗)

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

本日のエキサイトベースボールは
「阪神-巨人」の第8回戦を
解説: 桧山進次郎 さん
実況: ABC朝日放送 高野純一 アナウンサーで
お届けしました。

波に乗り切れず、3位の巨人
甲子園球場に乗り込み、4.5ゲーム差で追いかける首位・阪神との3連戦!
今夜の先発は阪神・秋山巨人・菅野という、
前回東京ドームでの同カード初戦5月9日と、同じ顔合わせ!
前回は秋山が投げ勝ち、菅野の開幕からの連勝が4でストップしました。

今シーズン躍進する秋山が、チームの勢いに乗り
菅野に2連勝するのか?大エース・菅野がリベンジを果たすのか?
伝統の一戦、第1ラウンドは、、、、、、

試合開始開始前から、野球ファンが予想したとおりの展開。
非常に引き締まった、固唾をのむような緊迫した投手戦となりました。

巨人のエース、日本野球界のエース、菅野が凄みをました
圧巻のピッチングを披露すると、
対する阪神の秋山も負けていません。
力のあるストレートをどんどんキャッチャーミットに投げ込んでいきます。

毎週火曜日、菅野が登板する日は、
試合のスピードが速い、、、、、番組スタッフが焦るのも
毎度のこととなってきました(笑)

息をするのも忘れてしまいそうな、緊迫したゲームが動いたのは
7回でした。

好投を続ける菅野の女房役・小林がやりました!

2アウトから石川二塁打中井四球一・二塁とすると、
小林タイムリーツーベース
巨人が秋山から1点先制します!

しかし、その裏、菅野にピンチが訪れます。

先頭の代打・キャンベルのがセンターへのヒットで出塁
すると代打・荒木のバントを菅野がフィルダースチョイスで
ノーアウトランナー一・二塁!

絶体絶命のピンチかと思われました!

しかし、今日の菅野、ここからが凄い!
一段ギアが上がったような圧巻のピッチングで
高山上本糸井の3人を三振に仕留めて、
ピンチを脱出。

すると巨人は8回・マシソン、9回・カミネロと繋ぎ、
最少得点差での逃げ切りに成功しました。

両先発投手の素晴らしいピッチングが光った今夜のゲーム。
注目ポイントについて、解説:桧山さんにお話を伺いました。

桧山進次郎が見極めた勝負の分かれ目!
試合前に予想したとおりの引き締まった素晴らしいゲームだった。
7回、菅野が自らのミスで招いたピンチの場面、
あの場面でギアを上げて、抑えてしまう。
圧巻のピッチングだった。恐れ入りますとしか言いようがない。
巨人のエースだが、日本のプロ野球のエースと改めて思った。
そして、巨人・小林が7回のチャンスの場面で、よく打った。
全員で取った1点だといえる。
阪神は、糸井が自身ワーストの24打席ノーヒットとなっているが
相手へのプレッシャーは大きい素晴らしいバッター。
そんなに悪い状態にも見えない。一本が出れば、すぐに打ち出すと思う。
先発・秋山は敗れはしたものの、
内容自体は素晴らしく、次回に繋がるものだと思う。
とにかく、見応えのある素晴らしいゲームだった。

巨人のエース・菅野が109試合目の登板で、自身通算50勝を達成。
球団では上原、江川、堀内に次ぐ、4番目のスピード達成となったメモリアルな一夜。
菅野と秋山の投げあい、今シーズンは、この後も何度かこの対決を
見守ることになるのではないでしょうか?
次回の対戦が、本当に楽しみです。

次回のエキサイトベースボールは、
5月24日(火)夕方5時50分から、甲子園球場の伝統の一戦 阪神-巨人の第9回戦を、
解説: 関本賢太郎 さん
実況: ABC朝日放送 楠淳生 アナウンサーで
試合終了までお送りします。お楽しみに!


TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
https://www.tbsradio.jp/eb/

ナイターシーズンの火曜日から金曜日17:50~試合終了まで放送
TBSラジオ『エキサイトベースボール プロ野球速報』
https://www.tbs.co.jp/baseball/