お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


フォアザチームの精神がチームを勝利に導く!

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

本日のエキサイトベースボールは
「阪神-巨人」の第9回戦を
解説: 関本賢太郎 さん
実況: ABC朝日放送 楠淳生 アナウンサーで
お届けしました。

昨夜は菅野の快投で、首位阪神に零封勝ちを収めた巨人。
今日の先発は巨人・吉川光と阪神・能見

吉川光は巨人移籍後の初勝利を狙うマウンド。
阪神・糸井は今日までで自身ワーストの24打席ノーヒットが続いていますが
阪神移籍前は、幾度となく対戦してきた吉川を打ち崩し、
勝利を手にすることができるのか?注目の伝統の一戦の行方は、、、、

昨夜のリプレイを見ているかのような
両先発の素晴らしい立ち上がり!

初勝利を狙う吉川光とベテラン能見、
お互いの気持ちのこもった熱投が続き、
ゲームがなかなか動きません。

両先発の投げ合いが、試合終了まで続くのか、、、、と思われた5回裏
ゲームが大きく動きます。

ベテラン福留スリーベースを放ち、
ランナー3塁、阪神のチャンスで迎えるバッターは鳥谷

すると、、、、ここまで好投を続けてきた先発・吉川光が
制球を乱し、なんと鳥谷の頭部に死球!この結果、吉川光は危険球退場。
グラウンドには担架も運び込まれましたが、鳥谷は自らの足でベンチに退きました。

このピンチでマウンドに上がったのは田原
厳しい場面でしたが、見事後続を抑えきります。

すると今度は8回表、
この回から阪神の2人目・桑原が登板。
先頭の代打・相川の安打、長野の犠打で1死二塁、、、、、
そして代打・亀井が大仕事をやってのけます!
右中間へのタイムリー1点先制!均衡を破ります。

すると、9回には3人目の藤川を打ち込み
長野タイムリースリーベース2点追加!
不振の長野が7試合連続となる安打で、巨人が貴重な追加点!

最終回、首位阪神も意地を見せ、上本3号ソロで1点を返しますが、
反撃もここまで。

巨人が3対1で逃げ切りました。

巨人が正に総力戦、ゲームに出場した全ての選手の力を
結集して、勝利をもぎ取った今夜のゲーム
注目ポイントについて、解説:関本さんにお話を伺いました。

関本賢太郎が見極めた勝負の分かれ目!
5回、代打の亀井が見事な仕事だった。
代打として素晴らしい成績を残していることは
分かっていることなので、当然かなりマークされている状態だが、
それにもかかわらず、結果を出すのは見事としか言いようが無い。
一方、阪神だが5回の福留のスリーベースは見事だった。
打った球はカーブだったが、回の先頭バッターに
ストレートですんなりと入ってこないという読みだろう。
そしてノーアウト3塁。セカンドは定位置で守っていた。
5番の中谷。最初はもちろんタイムリー狙いで打ちにいって良かったが、
追い込まれてからはケースバッティングが必要だろう。
内野ゴロで1点を奪えるケースで、外野フライを打つ必要は無い。
内野ゴロと外野フライを狙うスイングは違うはず。
本人にその気持ちはあったかもしれないが、
内野ゴロを打ちにいったようなスイングには見えなかった。
成長している中谷だからこそ、フォアザチームの意識も欲しいと思う。

巨人先発・吉川光の緊急降板にも関わらず、
後を継いだ投手たちが活躍、そしてバッター陣も、見事な攻撃を見せた
巨人が逃げ切り、セ・リーグの上位争いは、ますます混沌としてきました。

次回のエキサイトベースボールは、
5月25日(木)夕方5時50分から、甲子園球場の伝統の一戦 阪神-巨人の第10回戦を、
解説: 有田修三 さん
実況: ABC朝日放送 山下剛 アナウンサーで
試合終了までお送りします。お楽しみに!


TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
https://www.tbsradio.jp/eb/

ナイターシーズンの火曜日から金曜日17:50~試合終了まで放送
TBSラジオ『エキサイトベースボール プロ野球速報』
https://www.tbs.co.jp/baseball/