お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


投打が噛み合い、首位・阪神が快勝!

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

本日のエキサイトベースボールは
「阪神-巨人」の第10回戦を
解説: 有田修三 さん
実況: ABC朝日放送 山下剛 アナウンサーで
お届けしました。

昨夜は巨人が全員野球で
3対1の接戦を制しました。
一方の阪神は、チームを引っ張ってきた
糸井が28打席ノーヒット、さらに鳥谷も昨夜のデッドボールで
鼻骨の骨折と、歴代2位の1794試合連続出場の持続に黄信号が灯る厳しい状況。

巨人の先発は大竹寛、阪神は今シーズン好調のメッセンジャー
注目が集まる伝統の一戦の勝負の行方は、、、、、

ここ2試合の投手戦が嘘のように、
2試合、巨人投手陣に押さえ込まれた阪神打線が火を噴き
初回からゲームが大きく動きます。

 

ノーヒットが続いていた糸井
金本監督が「気分転換に」とのことで1番に起用。
すると糸井が監督の想いに応えます!
センターへのヒットで出塁!29打席ぶりの安打をマーク!
すると、上本がすぐさまタイムリーツーベースで阪神が先制!
1死3塁から福留内野ゴロ1点
そして、鳥谷に代わり、先発となったキャンベル
来日初となる1号2ランが飛び出し、初回に4点を奪います。

2回に巨人も小林のタイムリーで1点を返しますが、
今日の阪神打線は止まりません!

3回、またもやキャンベルタイムリーツーベースで1点!
さらに梅野にもタイムリーが飛び出し、この回2点を追加し、
序盤で5点のリードを奪います。

これだけのセーフティーリードに守られると、
先発・メッセンジャーには充分。

ピンチらしいピンチを迎えることも無く、
8回を127球5安打10奪三振1失点の安定のピッチング。
9回はマテオがきっちり抑えて、
阪神が6対1で快勝しました。

また、鼻骨骨折の影響が心配された鳥谷は
フェイスガードを付けて、6回裏に代打で登場!
サードゴロに倒れましたが、甲子園球場は大歓声に包まれました!

阪神ファンのここ2試合の溜飲を下げるような今夜のゲーム、
注目ポイントについて、解説:有田さんにお話を伺いました。

有田修三が見極めた勝負の分かれ目!
阪神は随分と層が厚くなってきたと感じた。
キャンベルしかり、様々な選手が入れ替わりで
ゲームに出てきても、きちんと活躍している。
勝利に貢献できる!
そういう選手がたくさん出てきたのは頼もしい。
負傷が心配だった鳥谷だが、
本人からは「スタメンでも大丈夫」と話もあったようだが
無理する状況ではない。みんなで守ってあげなくてはいけない。
そういう意味でも、キャンベルの活躍は素晴らしかった。
一方の巨人だが、
これだけ打てないと正直厳しい。
この打線の状態が続くようだと優勝は厳しいと言わざるをえない。
何か考えて、手を打っていく必要があるのではないだろうか。
チームを変えてくれる選手が必要だ。

首位・阪神、投打ががっちり噛み合い、
打つべき選手が打ち、守るべき選手が守る、理想的な勝ち方で
首位の意地を見せつけました。

次回のエキサイトベースボールは、
5月26日(金)夕方5時50分から、東京ドームの 巨人-広島の第9回戦を、
解説: ミスターパーフェクト 槙原寛己 さん
実況: 初田啓介 アナウンサーで
試合終了までお送りします。お楽しみに!


TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
https://www.tbsradio.jp/eb/

ナイターシーズンの火曜日から金曜日17:50~試合終了まで放送
TBSラジオ『エキサイトベースボール プロ野球速報』
https://www.tbs.co.jp/baseball/