お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

純喫茶は用途別にハシゴがオススメ【神保町編】

ジェーン・スー 生活は踊る

堀井美香アナの純喫茶探訪。「神保町すずらん通り商店街の純喫茶、目的別ガイド」

すずらん通り商店街は「世界一の本の街」神保町の中心地。靖国通りにある駿河台下交差点と、白山通りを結ぶ約260メートルの通りです。周辺には多くの古書店や純喫茶が並んでいますが、今回は純喫茶の名店の数々を目的別に紹介

  • 【待ち合わせに使うなら】「さぼうる」

東京を代表する純喫茶の名店。古い山小屋のような木の柱と煉瓦づくりの建物で、都会の真ん中とは思えない佇まい。人気店だけあって、我々が訪れた午前11時の時点で、すでに満席。オススメは、生イチゴジュース。クラッシュした氷が入っていて爽やかな清涼感。暑い季節に嬉しい、しっかりした甘さ。ここで涼を取ってから買い物に行くのがオススメ。

(創業昭和30年。11時までなら「モーニングコーヒー」が1杯330円。しかもピーナッツ付き)

IMG_2160

  • 【腹ぺこの人はぜひ!】「さぼうる 2」

「さぼうる」の隣にある2号店「さぼうる2」。喫茶店としてより、「デカ盛りの店」として有名な人気店。午前11時には開店待ちの行列が出来ます。名物は「ナポリタン」。サラダと飲み物が付いて850円。お皿の大きさは普通。ただし、高さがすごい!通常の喫茶店の軽食と比べて、2倍から2.5倍くらい? カレーも同じくヘビー級です。お隣、の名物生イチゴジュースも飲めるので、食後にはほっと一息付けます。

0527_seikatsu

 

  • 【読書をしながらコーヒーを楽しむなら】「ラドリオ」

昭和モダンを感じさせる老舗の喫茶。かつてはシャンソン喫茶として親しまれていたが、今はマスターの代が変わって、ジャズがBGMに流れています。日本におけるウインナコーヒー発祥の店としても知られ、山盛りの生クリームが乗ったコーヒーは絶品。480円。テーブルも広く、席と席の間もゆったりとしているため、長居するならオススメ。買った本を読みふけったり、煙草をくゆらせたり、思索に耽るのもいいでしょう。昭和24年創業。

0527_seikatsu_2

 

  • 【お酒も楽しみたいなら】「ミロンガ・ヌオーバ」

ラドリオから、路地を挟んでほぼ正面。5歩くらい。こちらは、非常に珍しい「タンゴ喫茶」。タンゴをBGMに、タンゴのレコードジャケットを眺めながら、世界中のビールを楽しめるという、ちょっと変わった喫茶店。レンガ造りで、狭い入口から想像できないほど中は広く、ホットするような居心地。時にはタンゴのライブも開催されているとか。珍しいビールに舌鼓を打つもよし。パウンドケーキやプティングなどのスイーツも絶品。

昭和29年創業。ブレンドコーヒー一杯600円。

IMG_2178