お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

都内でイチゴ狩り体験。「世田谷いちご熟」なら雨の心配もなく楽しめる!

ジェーン・スー 生活は踊る

「果物狩りをしてみたい!」
と思っても、東京にお住まいの方は、郊外の果物農園まで足を伸ばすのは少し大変…お子さんのいらっしゃる方だと、なおさら。
じゃあ「東京で果物狩りが楽しめる場所はないのか?」調べたところ…世田谷という都会のど真ん中で「いちご狩り」が楽しめるとの情報が! 早速取材に行った結果…
場所は東急大井町線・上野毛駅。駅から10分ほど歩くと、閑静な住宅街の中に、突如ビニールハウスが現れます。その名も「世田谷いちご熟」。果物狩りは雨が降ってできなかったり、お天気でも靴が土で泥だらけになったり、摘む時に腰を曲げないといけなかったりと、ちょいと難点も多いイベントですよね。でも、ご安心ください。「世田谷いちご熟」ならその懸念もゼロ!

おすすめポイント①雨の心配はなし!
いちご農園なので、ビニールハウス。なので、雨の心配はありません。

おすすめポイント②屈まずに、立ったままいちごが摘める!
大人のお腹ぐらいの高さでいちごを育てているので、立ったまま楽にいちごが摘めます。
(ちなみに…これは「高設栽培」という栽培方法で、世田谷では初!東京ではかなり珍しいとか)
いちご⑦
おすすめポイント③土の上にシートがひいてあるので靴も汚れない!

結果、どれぐらいいちごが取れたかというと…
渡された容器に溢れるぐらい!個数でいうと一人20個以上!気になるいちごの味はというと…美味しい!柔らかくて、酸味が少ない!
そんな摘みたてのいちごを持ち帰り、小倉家ではラッシー。番組スタッフはいちごジャムを作ってみました。

さらに!奇跡的に取材日当日から始まったサービスがあったんです。
それが、いちごの氷で作った「いちごのかき氷」
「世田谷いちご熟」で取れたいちごを、凍らせて作った特別な氷を販売していて、その場で削ってかき氷を食べることができるんです!
価格は…大500円・小300円
いちご④
これからの時期は「ブルーベリー狩り」、夏場は「ぶどう狩り」がシーズンになります。
東京でできる果物狩り、ぜひ、また特集したいと思っているので、お楽しみに!

ピックアップ