お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「荻上チキ・Session-22」がギャラクシー賞ラジオ部門の大賞を受賞!【動画配信】

荻上チキ・Session-22

NEW_2500_1100_SS22_OUT
TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~)
新世代の評論家・荻上チキが送る発信型ニュース番組

20170601_ss_op
(左から、前段:荻上チキ、南部広美 中段:金井D、長谷川P 後段:服部D、野口D、田中AD、吉原D)

ギャラクシー賞ラジオ部門大賞で「荻上チキ・Session-22」

優れた放送に贈られる第54回ギャラクシー賞の贈賞式が6月1日、東京都内で開かれ、ラジオ部門の大賞にTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」が選ばれました。

本日のオープニングで、ギャラクシー賞贈賞式での様子などについて語りました。

審査の対象となった、今年1月17日放送の「薬物報道ガイドラインを作ろう!」の回について、ギャラクシー賞を主催する放送批評懇談会は「『ラジオというメディアにこそ、世の中を変える力があるのだ』、この番組には、そう証明してみせようとする気概を感じました」と評価しています。

これもリスナーの皆さんの支えがあってのことです。特に、対象となった「薬物報道ガイドラインを作ろう!」は、リスナーからのメールなども活用した参加型の回でしたので、出演者やスタッフのみならず、リスナーも含めての番組評価だと思います。本当にありがとうございました。

なお、TBSラジオの番組では「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」が選奨を受賞。ラジオ部門のDJパーソナリティ賞には星野源さんが選ばれ、テレビ部門の大賞には、NHKスペシャル「ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~」が選ばれました。

※2017年1月17日(火)テーマ「薬物報道ガイドラインを作ろう
制作:長谷川裕(プロデューサー)、金井渉(ディレクター)
出演:荻上チキ、南部広美、松本俊彦、上岡陽江、田中紀子

20170117-1ss954


 

ギャラクシー賞ラジオ部門大賞で「荻上チキ・Session-22」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170601220000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ。
===============================