お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

納豆の余ったカラシを捨てないで! ナスの超簡単レシピに。【浜内千波の直伝】

ジェーン・スー 生活は踊る

6月に入り気温も高くなってきている今、旬なのがナス、ズッキーニ、ゴーヤ。でもこの3つ。あまり料理のバリエーションが思い浮かびませんね。今回は誰でも簡単にできる栄養満点レシピ、そして選び方などについて人気料理研究家の浜内千波さんに教えていただきました。
DSC00115

消化不良の時におすすめ!“ズッキーニの簡単サラダ”

瓜科のかぼちゃ属であるズッキーニの特性ですが、たんぱく質、脂質分解酵素をもち、生でも食べれるので、消化不良の時におすすめ。選び方のポイントは大きすぎず、しっかりしているもの、つやがいいもの、へたが新鮮であることです。保存は新聞紙に包み、袋に入れ比較的温度が高いところに置くと良いでしょう。
【ズッキーニの簡単サラダレシピ】
材料はズッキーニ、塩、胡椒、粉チーズ、オリーブオイルを用意します。ズッキーニを薄切にして並べ、塩、胡椒、粉チーズをかけ、オリーブオイルをまわしかけて完成です。

血糖値も下げてくれる、“ゴーヤーの酢モミあえ”

瓜科のゴーヤーの特徴は、タンパク質の一種である植物インスリンが多く、血糖値を下げてくれる効果があることです。またビタミンCが多く、特に“ワタ”の部分に含まれているので多めにとりましょう。カリウムも豊富です。選び方のポイントは、大きさや太さは味には大きく影響ありません。新鮮でいぼいぼが黒ずんでいないものがいいです。苦味が弱いものは、イボイボが大きく、緑が薄く、やわらかいものと覚えましょう。保存は長持ちしないので使う分だけ買い、また沢山できた際には漬け込んだり、冷凍保存するといいですね。
【ゴーヤーの酢モミあえレシピ紹介】
材料はゴーヤー、塩、酢、鰹節のみ。ゴーヤーを縦半分にきり、種をとり、薄切りにして塩と酢でもみ、軽く絞って、鰹節を混ぜ混んだら完成です。

納豆の余ったからしで作れる! ナスのからしあえ

ナスの特徴はポルフェノールが多く、抗酸化作用があり、熱にも強い野菜です。タンパク質分解酵素が強いので、お肉などもやわらかく仕上げてくれますよ。選び方のポイントは、つやよく、ハリがあるもの、ガクがとげどげしく、実が固いものです。保存法は8度以下で低温障害が起きやすいので、少し温度の高めの所で袋に入れて保存して下さい。
【ナスの味噌炒めレシピ】
材料はナス1本と塩小さじ3分の1、そして納豆についてくる「からし」2袋です。まずナス1本を、8等分に切ります。塩を小1/2をふり、両手でしっかり30回位絞ります。しっかり水分が出てきたらOK。あとは、茄子1本につき『からし』を2袋混ぜてください。
【ナスの味噌炒めレシピ】
材料はナス、豚ひき肉、生姜、味噌、砂糖、ゴマ、サラダ油を用意します。熱湯洗いをしたひき肉とナスの1㎝角に刻んだものを油で炒めます。微塵切りのショウガと砂糖味噌で炒めゴマを混ぜて完成です。ご飯のおかずにもピッタリですよ!
DSC00119

おいしい牛乳料理帳

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)