お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

都内バス旅のオススメは若洲海浜公園へ。空と海が気持ちよすぎる穴場!

ジェーン・スー 生活は踊る

7月の海の日まで祝日が全くないこの時期。旅行に行くにも…とお思いの方! そんな時は気軽に行ける「バス終点の旅」がオススメ。バスに関する様々な書籍を出されている加藤佳一さんに聞きました。

生活は踊る20170506

バス旅でぶらり途中下車は厳禁! 下調べはマスト!

バス旅の魅力は何と言ってもそのワクワク感。鉄道とは違って経路や終着地点が分かりくく、探検している気分になります。しかしそれが落とし穴。何もないところでポツンと路線が切れることや、バスが回送になることがあります。終点に何もないところでは、運転手さんが宿に泊まって次の日の朝、出発なんてことも。探検は無事に帰ってこそ成功。ちゃんと下調べを。

東京ゲートブリッジと飛行機が見られる!新木場駅発、若洲海浜公園行!

新木場駅から砂町南運河という新木場の運河を超えて埋立地に伸びる路線。若洲海浜公園には、日帰りバーベキューだけじゃなくテントにも泊まれる本格的なキャンプ場があります。釣り、サイクリングも楽しめる都内のレジャースポット。東京ゲートブリッジ、頭上には羽田に離発着する旅客機も見え、空と海の景色が楽しめます。

終点には崖が!吉祥寺駅発、新座栄行

吉祥寺駅から大泉学園駅を経て東京都と埼玉県の県境を越える路線の終点。大泉学園駅の北側は桜並木の下を通ります。春は花吹雪の中、夏は木陰を通過。終点の新座栄は崖の上にあって、下っていくと妙音沢という豊な湧き水があります。

電車の終点からバスの終点へ。武蔵五日市発、数馬行

JR五日市線の終点、武蔵五日市駅から秋川を遡った檜原村にある終点。途中の停留所には人里、苗吹…など難解な駅名ばかり。終点の数馬には、養蚕農家の面影が残る兜屋根の民家があります。素朴な山の湯もあって、東京とは思えない風景。