お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

一帯一路の背景

森本毅郎 スタンバイ!

忙しい朝でもニュースがわかる「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)8時からは、話題のアンテナ「日本全国8時です」。全国ネットで、日替わりゲストとともに放送。毎週木曜日は、東京大学名誉教授、月尾嘉男さんの「賢くなれる雑学コラム」!

月尾嘉男

解説は東大名誉教授の月尾嘉男

6月8日(木)は「一帯一路の背景

 

★一帯一路国際協力サミットフォーラム

やや旧聞になりましたが、先月14日と15日の2日間、北京で「一帯一路国際協力サミットフォーラム」が開かれました。中国にとっては今年最大の国際行事で、約130の国や地域が参加し、ロシアのプーチン大統領やトルコのエルドアン大統領など29の国の国家元首も出席しました。

アメリカと日本は積極的ではありませんが、アメリカは国家安全保障会議アジア上級部長が率いる代表団を送り、日本も自由民主党の二階俊博幹事長を団長とする代表団を派遣しています。

この一帯一路という構想は2014年に習近平国家主席が発表した経済圏構想です。一帯は「シルクロード経済ベルト」とも言われ、中世にヨーロッパとアジアを結んでいた交易路シルクロードの現代版を構築しようという構想です。当時は、せいぜいラクダしか移動手段はありませんでしたが、今回は自動車道路と鉄道です。一路は「海のシルクロード」とも言われ、15世紀後半にポルトガルやスペインが開拓したヨーロッパとアジアを結ぶ航路を現代に復活させようという構想です。

この構想の背景にあるのは、習近平国家主席が国民の向けて訴えた「何代もの中国人民の宿願が凝縮された中華民族の偉大な復興を目指す」という考えで、中華人民共和国の建国100周年の2049年を目指して実現しようという「100年マラソン」とも言われています。

 

★一帯一路の目的

この偉大な復興には、いくつかの目的がありますが、私個人の考えでは、歴史上、地球の陸地の4分の1を占める世界最大の版図を誇っていた「モンゴル帝国」の再現と、世界の海洋を自由に往来していた「明」の再現ではないかと思います。

モンゴル帝国の版図が最大になったのは第5代皇帝のクビライの支配していた1279年頃ですが、東はオホーツク海に面する海岸から、西は東ヨーロッパまでを支配していました。この領土を現在の一帯計画が対象とする圏域と重ね合わせると、ほぼ一致します。

「明」は、まだモンゴル帝国が存在していた14世紀中頃に建国されていますが、大国に発展したのは15世紀初頭に即位した第3代皇帝永楽帝の時です。版図はモンゴル帝国ほどではありませんでしたが、現在の中国に匹敵する面積を支配していました。

中国は一般に大陸国家とされていますが、この永楽帝が推進したのが海洋進出で、中国の歴史の中では例外的に海洋国家として発展した時代です。

その実際を遂行したのが鄭和(ていわ)という武将です。鄭和は1371年に現在の雲南省に生まれたイスラム教徒であったという説もありますが、明の初代皇帝の朱元璋(しゅげんしょう)の時代に地域が征服され、永楽帝の部下となります。1402年に皇帝に就任した永楽帝は1404年に民間人が大型船を建造することと外国と貿易をすることを禁止する一方、国家として大船団を編成して世界に使節を派遣することにし、その総指揮官に鄭和を任命します。

 

★宝船艦隊

編成された船団は「宝船(ほうせん)艦隊」 と言われ、最大の船は長さ137m、幅56m、8000トン、9本マストの木造船と伝えられています。25年間に7回の遠征が行われますが、最初の遠征は62隻の艦隊で、乗組員の合計が2万7800人だったと言われます。

これがどのくらい巨大かというと、約90年後の1492年にコロンブスが大西洋横断航海を行いますが、その時は250トン程度の船3隻と乗組員88人ですし、1498年にヴァスコ・ダ・ガマがアフリカ大陸南端を回ってインドに到達しますが、その時は120トン程度の船3隻と乗組員170人ですから、いかに宝船艦隊が巨大であったかがわかります。

これは中国の白髪三千丈の類かと思われていましたが、1957年に南京の河口で造船所の遺跡が発掘され、本当だと分かりました。

また、7回に及ぶ宝船艦隊が到達した場所も、現代の地名で表すと、インドネシアのジャワ島、マラッカ海峡、スリランカ、アラビア半島のホルムズ海峡、サウジアラビアの港町ジェッダ、アフリカ大陸東海岸のソマリアの都市モガディシオなどと記録され、7回とも鄭和が総指揮をとりました。

かつてアフリカまで到達したかは疑問とされていましたが、2013年にケニアのマンダ島で、永楽帝が発行した「永楽通宝」が発見され、やはり到達していたことが明らかになりました。

その航路を地図に落としてみると、習近平国家主席が構築しようとしている海のシルクロードに重なっており、13世紀から15世紀の中国の栄光の時代を復活させようという構想であることが推定できます。

 

★1421:中国が新大陸を発見した年

この宝船艦隊については2002年に「トンデモ本」が出版されました。イギリスの海軍に勤務し退役したギャバン・メンジーズが出版した「1421:中国が新大陸を発見した年」という本です。

これによると第6次の鄭和艦隊の一部はアフリカ大陸の南端を回って大西洋を横断し、1421年には北米大陸に到達し、さらに北極海を通過して太平洋に出て中国に戻ってきた、すなわち世界一周をしたという内容です。したがってコロンブスより70年以上前に中国人が北米大陸を発見していたことになりますし、マゼラン艦隊の世界一周航海よりも100年近く前に世界一周をしていたことになります。発売当初は話題になって売れましたが、現在では偽史、偽の歴史に分類されているようです。

しかし、一路計画は世界一周も視野に入れており、今年1月には紅海の入口にあるジブチから内陸のエチオピアの首都アディスアベバまで750kmの鉄道を完成させ、いずれはアフリカ大陸を横断して西海岸のセネガルの首都ダカールまで到達するアフリカ横断鉄道も構想しています。

さらに、このアフリカ西海岸から大西洋を渡ったアメリカ大陸を横断するために、2年前から中米のニカラグアを横断する全長290kmにもなるニカラグア運河の建設にも着手しています。鉄道も運河も建設資金や工事の大半は中国が提供しています。

これまで日本もODAによって世界各国の社会基盤建設に資金を提供してきましたが、このような壮大な構想の一環としてではなく、各国から要請のあった個別の事業に対応してきただけであり、中国の用意周到さが伺えます。安倍総理の地球儀を俯瞰する外交にも、このような長期戦略の立案が必要ではないかと思います。

 

 

月尾嘉男の日本全国8時です(リンクは放送後1週間のみ有効ですhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170608080000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)