お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

百田尚樹さんの講演中止から考える、言論の自由とは?

荒川強啓 デイ・キャッチ!

TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(月~金15:30-17:46)。
「気になるニュースが話せるニュースになる!」をコンセプトに、様々なニュースをお届けしています。

百田尚樹さんの講演中止から考える、言論の自由とは?

▼一橋大の学園祭で小説家・百田尚樹さんの
 講演会が予定されていましたが、中止となりました。

▼百田さんは、沖縄の基地問題で
 「反基地的な報道をする沖縄の2つの新聞社は絶対つぶさなあかん」
 千葉大生の集団強姦事件の犯人像をめぐって
 「在日外国人たちではないかという気がする」などと発言。
 これを問題視した学生団体や教員有志が講演の中止を要求していました。

▼一方、アメリカのハーバード大に今年入学する予定だった合格者のうち、
 少なくとも10人がSNSでの差別的な発言により、
 合格取り消しとなりました。

▼差別的な発言と言論の自由、そして大学の自治という、
 非常に難しい問題。宮台さんはいったいどう考えたのか?