お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

森山良子ームッシュ、直太朗、そして51番目の星へとつづく音楽の夢

コシノジュンコ MASACA

2017年6月11日(日)放送

ゲスト:森山良子さん(part 2)
1948年東京都出身。ジャズトランペッターの父・森山久と、ジャズシンガーの浅田陽子の間に生まれる。ムッシュこと故かまやつひろし氏は従妹にあたります。1967年「この広い野原いっぱい」でデビュー。ミリオンセラーとなった「禁じられた恋」をはじめ、「涙そうそう」「さとうきび畑」など数々のヒット曲を生み、2008年には芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。長男の森山直太朗さんもシンガーとして活躍中。2016年にデビュー50周年を迎えました。

masaca_170611b

出水:今年3月に亡くなったムッシュかまやつさんのお別れ会。ジュンコさんもご出席されたんですよね?

JK:もちろん行きましたよ! お別れ会って悲しい感じがするけど、なんか嬉しくなっちゃった。ムッシュに会えるという感じだったの。

森山:みなさんもそう思ってくださったみたいです。

JK:すっごい大きなギター・・・お花のギターがあって。カッコよかったわね。写真撮りたかったわ。

森山:まちゃあきさん(堺正章)たちが、スパイダーズを再結成してくださってね。私もスパイダーズの演奏をきけて、超嬉しかった!

JK:私たち、昔から仲良かったでしょう。あの時の思い出話っていったら笑っちゃうことばっかり。「フリフリ~♪」っていう歌・・・あの当時かまやつさんは加入したばっかりで、ジャケットの写真撮りにいつも遅刻。まちゃあきさんが家に電話したら、電話口で男の人が「ひろしさんは出かけましたよ」。後でよくよく考えたら、「もしかしたら、あれはかまやつさんの声じゃなかったか?」って話になって・・・

森山:そうそう、電話に出たのが実はムッシュだった、という(笑)

JK:ああいうお別れ会に行くと、仲間って素敵だなと思いますね。

森山:まちゃあきさんとの交流はずっと長く最期まで続いていて、最後に外出したのも、まちゃあきさんが呼んでくださった1月3日のカレーうどんパーティだったんです。私もお供したんですけど、「堺んちに行くんだ!」ってすっごく喜んでいて、あまりにも楽しかったようで、「帰りは歩いて帰ろうぜ!」と、二人で歩いて帰ったんです。そのぐらいうれしかったんですね。
ゴールデン☆ベストかまやつひろし

出水:森山さんとムッシュは従妹同士でいらっしゃいますけど、従妹同士だからこそ知っているエピソードはありますか?

森山:私たちB型同士で、お互いぶっちゃけだったものですから(笑)ほとんどのことをお互い話し合いましたね。ムッシュはとにかく食に関するこだわりがものすごく強くて、「今日はコレを食う」「明日はアレを食う」、私が旅先に出かけると「どこへ行く? 岡山で何を食う? 何を食ってきた?」「ここへ行ったらいい、あそこへ行ったらいい」と、全部チェックがかかりました。自分自身も「そろそろこういうものが食いたい」とか。トラディショナルなお料理が好きでしたね。和食でも洋食でもフレンチでも。

JK:シンプルで美味しいものを知ってるのね。

森山:私がレタスを炒めたりなんかすると、「お前なぁ、レタスっていうのはバリバリ食うもんだぜ、炒めるもんじゃないぞ」とかいって(笑) 江戸前というか、江戸っ子のおじちゃんみたい(笑)

JK:ムッシュは昔からとってもおしゃれだったわね。ブティックも作ったでしょ?「ムッシュ」っていうお店を、赤坂の東急プラザの2Fに。そのぐらいファッションが大好きで、それで気が合ってたの。

森山:「コシノさんは時代の先端を作っていった、エネルギーのある人だ」と言って、いつもリスペクトしてました。

JK:あの時に出会ったり、一緒に遊んだりしていた人たちはものすごくエネルギーがあって、今も生きている。あの当時活躍した人たち、あの時代を超えた人たちって元気ですよね。それを代表するのがムッシュだったので・・・。

森山:ムッシュも、最後まで「おれは絶対復帰する」という信念はあったんですけれどもね・・・残念ながら。でも本当に最後の最後まで音楽人間でした。とにかく家に帰ったらまず歌いだすんです。ギター弾いたり。

JK:いつも、音楽のことばかりしゃべってましたよね。

森山:「おいおい、これを作ったのは誰だ」とかね。「これを歌ってたのはダレソレだ」「何年代のナントカという曲を知ってるか」とか。クイズ番組やってるみたい(笑)うかうかしちゃいれない、みたいな。

出水:ムッシュさんは、森山さんの音楽に対して何かおっしゃってましたか?

森山:そうですね、「ま、良子は俺とは違うからな。『ひ~!』だからなっ」とか言ってました(笑)「『ひ~!』って声はどうやって出すんだ?」とかね。

JK:そうね、タイプが全然違うからね。

森山:だけど私自身は、ムッシュの音楽性がすごく面白くて、「いちど曲を作って」と言ったんですが、「俺、曲なんか書けねぇよ」と言われてしまって。そしたら、当時私のプロデューサーをしてくれたムーンライダーズの鈴木啓一さんが、「じゃあ良子さん、ムッシュにギター持たせて、動画を撮ってきて」って言ったんです。なので、自宅でシャンパンをふるまいながらギターを渡して、「これで何か弾いて」って頼んだら、「えーなんだよ?」とか言いながら適当に弾いてくれて。その動画を見ながら、敬一さんがコードを拾って私がメロディをつける、みたいなことをやりました(笑)。私の家に来てもギターを手にしてましたし、自宅でもソファの前にはギターが置いてあって、本当にあんなに音楽が好きな人は見たことないぐらいでした。

出水:森山さんの書き下ろしエッセイ集「夢の住処 Sing My Life」には、息子さんの森山直太朗さんとの対談も掲載されているんですよね? 2人とも心の内を初めて明かしあったという・・・。

森山:あんなに話し合う、しかも人に聞かれる話を話し合うということはないので、とっても難しかったです。

JK:そうよね、敬語を使うわけにもいかないし、本当のことを言いたいけど、怒っちゃうかもしれないし(笑)

出水:息子さんもデビュー15周年を迎えて、同じフィールドに経ってらっしゃるというのは感慨深いんじゃないですか?

森山:いや~、それこそmasacaというような・・・音楽にはまったく向いていなかったんです。ずっとサッカーばっかりやっていて、音楽はどちらかというと排除するぐらいだったので、まさか音楽の道に行くとは思いませんでした。子供のころからやっていたというのではなく、大学の時に目覚めたので・・・本当にもう、びっくりしました!
「就職しなくていい?」って言うんで、「まぁいいんじゃないの~?」と軽くいなしてたらのが、結果的にミュージシャンになるとは・・・夢にも思わないことだったので、慌てましたね。

出水:ある日突然だったんですか?

森山:そうなんです! ある日突然曲を作ってきて、「これ歌わない?」ってプレゼンテーションされたので、「きれいな曲だけど、私よりもあなたが歌ったほうがいいんじゃない?」って言ったんです。別に「歌いなさい」って言ったわけじゃなくて、「あなたのほうが合ってる」という言い方で。そしたらお友達と一緒に曲作りにのめりこんで、ストリートに出て歌って、帰ってきてまた曲を作る、みたいな感じになって。いつ終わるのかな~と思ったら、終わらなかった(笑) ちょっとびっくりしましたけれども、やるからには腰を据えて、じっくりやってほしいと思います。

出水:森山さんはご自身のお母さまから褒められたことがないそうですが、息子さんにはどういう言葉をかけてらっしゃるでんですか?

森山:やっぱり同じなんですね! 「ちょっと、今の滑舌はなぁに?!」とか「ガギグゲゴが汚い!」とか(笑)でも、褒めることもしなくてはいけないと思って、半分は褒めるようにしています。

masaca_170611c

出水:森山さんのお母さんは、いつも「夢をもちなさい」とおっしゃっていたそうですね。

森山:そう、「夢はお金がかからない」って! いくらでも大きい夢を見られるから、夢をみなさい、といつも言われていました。だから、ずーっと夢を見たまま。進んでゆくと、その先にまた夢が生まれちゃう。どんどん夢ばっかり先に行って、理想が立たなくなるんです。

JK:夢の見っぱなし、というのも困るわね(笑)

森山:いつか完結させたいです(笑)

JK:でも、夢って気持ちだから、「あ、これは夢で見た」ということに出会うと、バババーンと一気に進んでいっちゃうのよね。夢のある人とない人の違いって、そこだと思う。

森山:いつも思っていた誰かと実際に出会ったときに、「これだ!この人に会いたかったんだ!」と言って、アルバムが1枚できたりね。

JK:思ったことは、すぐではなく、明日でもないけど、絶対来ますよね。来た時にハッと思えること。忘れちゃったらダメよね。

森山:だからいつも燃やし続けてないと。

出水:森山さんが「今後こういうことやりたいな」という夢はありますか?

森山:やっぱりこういう歳になってくると、歌うこと自体が肉体労働でもあるので、のどの管理をきちっとして、さらに自分の歌いたいものをもっと貪欲に見つけては歌っていく。夢が完結するところはどこなのか、探しているところなんですけど、たぶん完結は来ないかもしれませんね。

JK:先のことはいいんですよ、今が大切。今を楽しむということが夢につながるから。森山さんはこの先もずーっと明るい感じがする。まだまだこれからよ、みたいな感じ。ドッコイショしちゃダメですよ!

***************
森山良子 コンサート情報「51番目の星に向かって~Sing My Life」

  6/24(土)狛江エコルマホール
 10/11(水)Bunkamura オーチャードホール

=OA楽曲=
M1. 聖者の行進 / 森山良子