お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

30年前に初来日した、あのポップスの女王

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

30年前のきょう、1987年6月14日。あの、マドンナの初来日公演が、大阪球場で開催されました。
58歳になった今もなお、「ポップスの女王」として、君臨し続けるアメリカのシンガーソングライター、マドンナ。音楽活動に加えて、女優に、映画監督、実業家とマルチに活動しているマドンナがデビューしたのは、1982年でした。

過激なファッションや行動でも知られる彼女の名前は本来「聖母」の意味を持つ「マドンナ」。これは芸名ではなく、本名なんです。
ちなみに、フルネームはマドンナ・ルイーズ・ヴェロニカ・チッコーネ。
チッコーネさんだと、かなり印象が違いますよね。     
     
憧れの女性の事を日本でも「マドンナ」と言いますが、まさに、マドンナは、その名の通り、女性が憧れる自立した女性の象徴的な存在でもありました。

そこで、けさは、マドンナの名言をご紹介しました。
     
「自分で自分にプレッシャーをかけるの。他人のプレッシャーには、びくともしないわ」

「本当に革命を起こしたかったら、嫌われる覚悟を持って!本気じゃないなら、やらないことね」

「大切なのは、どう見えたかじゃなく、本当はどうか、なのよ」

あなたは、マドンナの言葉、どう受け止めますか?
どの言葉も、マドンナの強い覚悟、そして変化を恐れないアーティストとしての攻めの姿勢が感じられます。凄い女性です。

番組では、皆さんからの、お便りをお待ちしています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。
お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

お待ちしています☆彡

    
TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。