お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

ボウリングブームを支えた技術革新

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日6月22日は「日本ボウリング場協会」が制定した「ボウリングの日」です。
1861年・文久元年。長崎の外国人居留地内に日本で初めてのボウリング場がオープンしたことが由来になっています。

当時発行された英字新聞の広告面には、「ボウリングサロン開店」と掲載されていたそうで、「サロン」と付いているように、ボウリングだけでなくプレーの合間に軽飲食ができるスタイルだったようです。ボウリングそのものは、ピンを、災いや悪魔に見立てて倒すという、宗教的儀式とも言われ、古代エジプトには、その原型となるものがあったそうです。

国内では、昭和27年に、民間のボウリング場が作られ、1970年代には、多くの「ボウリング中継番組」や、ボウリングを題材としたドラマが放送されるなど、空前絶後のボウリングブームも巻き起こりました。

さらに、ボウリング人気は、技術の進化とも比例しているようで「ピンボーイ」と呼ばれる人がピンを並べていた時期からの完全機械化、やや複雑なスコアの計算を、機械がやってくれる自動化などもブームのきっかけの、ひとつだったとも言われています。

投げれば楽しい。年を取ってからもできる手軽なスポーツ。決してなくなることはないと思いますが、爆発的なブームには技術の進化、スタープロボウラーの誕生などのきっかけが必要なのかもしれません。

ちなみに日本初のボウリング場があった長崎市内には現在も「ボウリング発祥の地」を記念した石碑があるそうですが、これは倒しては、いけませんよ。

番組では、皆さんからの、お便りをお待ちしています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。
お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

お待ちしています☆彡

    
TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。