お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「”共感”される”エモい””パワーワード”を“忖度”して”PR”!」Part4【音声配信】TBSラジオ「文化系トークラジオLife」

文化系トークラジオ Life ニュース版
塚越健司さん(撮影:ササキミチヨ)

塚越健司さん(撮影:ササキミチヨ)

出演:charlie(鈴木謙介)、速水健朗、西森路代、柳瀬博一、塚越健司、倉本さおり、海猫沢めろん、斎藤哲也、宮崎智之

「”共感”される”エモい””パワーワード”を“忖度”して”PR”!」part3(31’03″)

○次回のLifeのイベントは・・・
   7/16(日)、紀伊國屋書店新宿本店にて
   西森路代さん仕切りで、岡室美奈子さんを迎えてのドラマトーク!

○悪くないはずのPR
 ・企業や自治体の恋ダンス(メール)
  →何一つ説明されてないのに明るい職場感をうける怖さ(メール)
  →アメリカ政治もテレビも、大人の思惑が入っている(塚越)
 ・PRは悪ではない(塚越)
  →ネットメディアでは従来のゆるさ・わかりやすさがなくなる(塚越)
  →PRが紛れ込んでいるから騙された気分に(塚越)
  →みんなに分かるようにするのが一つの方向性(charlie)
  →「パクリでもなんでも数字を稼いだ方が偉い」
     というコンプライアンスの甘さ(charlie)
  →メディアを大衆が監視するしかない(塚越)
  →メディアが恐れる大衆(塚越)
 
○誰が誰に届けるのか ~プロの目線から~
・いかにして人々の心を掴むか(charlie)
  →茫漠とした大衆にばら撒いているのに良い反応だけ欲しがる(c)
  →インフルエンサーマーケティングはメディアの敗北(塚越)
  →見る側もやる側も辛い仕組みなのでは(塚越)
  →「プロよりも私に近しい人の方がいい」という風潮はプロの敗北(c)
  →専門知識はいらないのか、つぎはぎでいいのか(c)
 ・作られたエモさで見る側は萎える(西森)
  →忖度してると思われないためには両方の組み合わせしかない(西森)
  →悪くすると「業界人ぶってる」に(charlie)
 ・ボイメンの「帆を上げろ」が自然発生的にファンに使われる(西森)
  →インフルエンサーすらいない(西森)
  →それこそ専門知識を持った人間の敗北(塚越)
  →そういう声を集めていく(西森)

○共感の時代
 ・共感される言葉が広がる(宮崎)
  →ライターの頑張りを読者が応援しようとシェア(宮崎)
 ・パフォーマンスしてそれを書くとウケる(海猫沢)
  →私生活をエモくして私小説を書く(宮崎)
  →太宰治の「道化の精神」(倉本)
 ・言葉によって賢くなる(海猫沢)
  →言葉が発明されるとみんな分かってしまう(海猫沢)
・穂村弘の「シンパシーとワンダー」(海猫沢)
  →いずれ共感にも飽きるのでは(海猫沢)
  →「よりすごい共感」と「対象への愛」(塚越)
 ・共感的ではないゲームコラムを紹介(海猫沢)
→エモく言うと見てもらえる(海猫沢)
  →主観的なセンスオブワンダー(charlie)
  →プロファンなら熱量が高くても受け入れられるが……(c)
 
○閉じた共感の中で
 ・ウェブ世界にチームでつくるクオリティの高い宣伝はまだない?(斎藤)
  →明確にお金の問題(柳瀬)
  →インディーズみたいに顔が見える方法(柳瀬)
  →もしくは多少の枠と知名度で古くて新しい方法(柳瀬)
  →その間の共感マーケティングは後戻りしない(柳瀬)
  →ネットで組成できる様々なクラスタに属し閉じた共感を求める(柳瀬)
  →共感だけで簡単にコミュニティが造れるのがデファクトに(柳瀬)
  →島宇宙(charlie)
  →これが政治に入ってきた時に(charlie)
 ・「AKB総選挙は残酷ショー」という話と、大島優子の「票数は愛」(塚越)
  →女の子を札束で叩いて「ありがとう」と言わせるシステムから出た須藤凛々花(塚越)
  →彼女がしたのはすごい問題提起では(塚越)

             text by Life助手:千葉彩佳

【電遊奇譚:其十三】ロンドンのルイージマンション
http://jp.ign.com/m/game-fable/12037/opinion/

○Life関連アーカイブ

 ・2011/09/25「愛という名のもとに」
  https://www.tbsradio.jp/life/20110925/index.html

 ・2010/01/24「今、聞きたい名言」
  https://www.tbsradio.jp/life/20100124/index.html

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48 DVDスペシャル・エディション斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ世界音痴〔文庫〕 (小学館文庫)

このパートでかけた曲
・NMB48  「ドリアン少年」 (塚越健司さん選曲)
ドリアン少年 (通常盤Type-A)

===
TBSラジオ「文化系トークラジオLife」
偶数月・第4日曜日25時〜生放送!
AM954/FM90.5
ラジコ、ツイキャス、Ustreamでも生配信