お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

高校や大学に行かせることだけが 子どもの「貧困対策」じゃない!

荒川強啓 デイ・キャッチ!

TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(月~金15:30-17:46)。
「気になるニュースが話せるニュースになる!」をコンセプトに、様々なニュースをお届けしています。

dc_header_bg7

 

評論家・山田五郎さんのコラムコーナー。6月29日(木)のテーマは

高校や大学に行かせることだけが 子どもの「貧困対策」じゃない!

17歳以下の子どものうち、貧困状態にある割合を示す「子どもの貧困率」。厚労省は27日、昨年の調査結果を発表しました。結果は13.9%で、7人に1人が貧困状態という数字に。過去最悪だった2013年の前回調査よりは2.4ポイント改善したというが、依然として高い数値です。

官公民が連携・協働した「子供の未来応援プロジェクト」は、貧困状態の子どもに対する様々な「支援策」を打ち出しています。他にも、この調査を受けて「こうすべし」といった提言などを見かけるのですが、根本的に間違っていると感じる点があります…詳しくは「TBSラジオクラウド」でお聴き頂けます。