お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

さんま缶詰を入れてお米炊くだけ!「うまき風おむすび」 が絶品。

ジェーン・スー 生活は踊る

お弁当の主役といえば「おむすび」。作り方は誰でも知っていますよね。でも、美味しい作り方については、実は意外と知らない人も多いんです。今回は「美味しいおむすびを作る極意」について「5ツ星お米マイスター」「ごはんソムリエ」「雑穀エキスパート」「雑穀マイスター」「薬膳インストラクター」の資格を持つ、お米のマエストロの澁谷梨絵さんに教えていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「冷めても美味しい! おむすびに適したお米の選び方」

▼おむすびの極意は、まず、冷めても美味しいと言われる品種のお米を選ぶ事です。「こしひかり」や「ミルキークイーン」はもち米に近い粘りがあり、甘みが非常に強く、冷めても味が落ちにくいモチモチ食感なので、おむすびに最適です。普通の水加減で炊くと軟らかめになるので、1割弱(1合に対して大さじ1)お水を減らすと良いでしょう。「こしひかり」の中でも、西のものより東北の方のお米が、もっちり度が高いので
おむすびにはオススメです。一方、牛のしぐれにや明太子のような味の濃い具材の場合は、あっさりした旨みを引き出させるために、「あきたこまち」や「ささにしき」など、さっぱりした粘り少なめのお米が良いです。

「固めすぎ、ラップはNG! おむすびの作り方の基本」

①まずは、ご飯をバットに移して広げます。ひと粒ひと粒に空気を当て、粒を引き締めるイメージで、熱をこもらせないように放熱させます。
②次に手に塩水をつけるのですが…大事なのは、手を濡らして塩をつけるのではなく、塩水を作って手を濡らす事です。塩加減は10%が目安なので、一度はきちんと軽量してやってみましょう。
③いよいよ握りますが、大切なのは空気を含ませて“ふわっと握る”こと。力のいれ加減は「握り固める」のではなく「軽くくっつけてまとめる」イメージです。握るのは3回くらいで十分です。
④そして最後に、できたおむすびを軽くクシャッとさせたアルミホイルで包みます。アルミホイル側にも10%の塩水を塗っておくと、お米がひっつきにくくなります。※おむすびを包むのにラップは向きません。お米とラップが密着し蒸れるので、べっちゃっとしてしてしまいます。

「お米好きにはたまらない! 美味しいおむすびの具材!」

▼「キムタク」……軽く刻んだキムチと小さいサイコロ上にカットした、たくあんを混ぜるだけの「キムタク」。簡単に出来て上品な味わいに仕上がります。長野県・塩尻市では給食などでもよく出てくるそうですよ。
▼「長寿焼きおにぎり」……宮城出身のおばあさんに“長寿の秘訣”として教わった「長寿にぎり」。塩を入れたごま油を用意します。雑穀ごはんを握り、周りに塩ごま油をたっぷりつけて、焼いていきます。軽く焼き目を付けるだけでOK! 香ばしい香りが食欲をそそり、ごま油と雑穀ごはんの豊富な栄養価の高いおにぎりの完成です。焼かなくてもおいしいですよ!
▼「うまき風おむすび」……炊き上がったばかりの炊飯器に、さんまの蒲焼の缶詰を入れて、2~3分待ちます。
こうすることで具材もふっくらとし、美味しくなります。あとはご飯に混ぜて包む。たったこれだけ。さんまでも十分味わい深く旨みたっぷり!お好みで山椒をまぜるともっとおいしくなります。
Collage_Fotor

澁谷梨絵さんの、お米に関する様々なお役立ち知識や裏技は、ワニブックスより販売中の著書「世界でいちばんおいしい お米とごはんの本」をご覧になってみてください。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)