お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

青森・大鰐温泉の名物は、全国のシェフに愛される「もやし」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今朝は、青森県にお住いのリスナーの方から届いた、青森の温泉「大鰐温泉」についてご紹介しました。

800年以上の歴史を誇る大鰐温泉は、古き良きノスタルジックな風情が漂う温泉地。明治28年、1895年に奥羽本線「大鰐駅」が開業してからは、花柳街が栄えて、雪のように、肌の白い津軽芸者さんが温泉街に華を添えたそうです。
   
大鰐温泉は、湯当たりがよく、ご高齢の方にも優しいと言われる「弱食塩泉」。温泉の熱を利用したお味噌づくりも、盛んだという事です。

また、もう1つの名物が350年以上の歴史を誇る「大鰐温泉もやし」。一般的なもやしは、暗い部屋の中で、水を使って栽培しますが、
「大鰐温泉もやし」は江戸時代から変わらず、温泉の熱を利用した栽培にこだわっています。40センチほどある、長〜いもやしで、特徴はシャキシャキした歯ごたえ。全国のシェフから問い合わせがある程、美味しいそうですよ。

大鰐温泉へのアクセスは、東京からまず新幹線で新青森へ。そして新青森から大鰐温泉駅までは、特急に乗ります。あわせて4時間程で行く事が出来ます。

去年の1月には大鰐温泉駅の前に、おもてなし足湯がオープン。なんと無料で足湯を堪能出来るそうです。旅で疲れた足を癒してくれる、嬉しいサービス。優しいおもてなしですよね。昭和の名残りも感じられるレトロな街、青森県の大鰐温泉。のんびり過ごしてみたいです。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。