お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

シャワーヘッド替えて節水! 最新型は超簡単に4割カットできる

ジェーン・スー 生活は踊る

毎日暑いと、シャワーを浴びないワケにはいきませんね。家族だと毎日使う分、気になるのがやはり「水道代」です。その悩みを、手軽に解決してくれるのが、シャワーヘッドの交換。また、節水だけでなく、肌に影響を与える塩素を除去するものや、マッサージ機能が付いたものまで出ているんです。今回は「節水」にポイントをしぼって実際の使い勝手はどうなのかを試してみました。
DSC_0787

少なくとも4割の節水が期待できる最新のシャワーヘッド

アラミックから販売され、「ビックカメラ有楽町店」で人気第2位の「シルクタッチシャワー・プレミアム」。こちら、節水以外の機能を見てみると「シルクのような肌触り」「水量調整機能付きで手元でハードかソフトに調節可能」「手元で水を止められるストップ機能付き」などが付いていて充実しています。では、一番気になるのが、実際にどのくらい節水になるのか。蓮見アナの家に元々付いていた多少の節水機能が付いているシャワーヘッドと、節水を売りにしている「シルクタッチ」を比較してみました。
DSC_0785
右が「シルクタッチ」、左は水圧を重視した「スカルプケアシャワー」

【バケツの中に、10秒間でどのくらいの水が溜まるか比較】
■備え付けのシャワーヘッド ⇒ 2.1リットル
■シルクタッチ⇒「強いモード」で2.1リットル、「やわらかモード」で1.3リットルに
つまり、「やわらかモード」で使用すれば4割程度の節水に。
seikatsu
花瓶に入れてみたところこんな感じに。
(黒が従来のもの、赤がシルクタッチ)

【4割の節水は、年間でいくらの節水になるのか】
TOTOさんのデータですと、シャワーを1分間流しっぱなしの場合、およそ6.5リットルの水が流れ出ます。これに、東京都水道局が出している水道料金、1リットル当たり=0.24円をかけて、ザックリ計算してみました。蓮見家4人がそれぞれ毎日シャワーを5分間使ったとして、1日で130リットル。年間だと4万7450リットルになり、水道料金は年間で1万1388円。シャワーヘッドを先ほどの「シルクタッチ」に交換して、「やわらかモード」で使用すれば、4割が節約できるので、約4500円、水道料金が節約できます。つまり、1年間程度使えば、商品価格の元が取れる計算になります。また、お湯を使っているので、ガス代もその分浮くことになります。

【節水した分、水圧はどうなる?】
節水した分、水圧は弱くなるんじゃないという心配もあるかと思いますが、「やわらかモード」でも水圧に弱さは感じません。通常と同じように使用することができます。また、水圧の強化を売りにしてて、節水できるタイプのものもありますので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

【取り付けは簡単?】
取り付けはとても簡単。ネジ式になっているので、電球を交換するような感じで出来ます。また、大抵のメーカーに対応できるようにアタッチメントも附属されています。※バランス釜は対応していない場合があります。

節水効果があるシャワーヘッドは、1000円台からありますので、初めての場合は、そちらから初めてみてもいいかもしれません!節水も水圧も改善する場合もあるシャワーヘッド。是非一度、検討してみてください!

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)