お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「中国の劉暁波さん死去。民主化の行方は?」阿古智子×周庭×麻生晴一郎×河津啓介×荻上チキ

荻上チキ・Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

▼2017年7月17日(月) Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

民主化運動の精神的支柱・劉暁波氏、死去。
今後、中国の民主化運動はどうなるのか?

20170717_main1_ss

20170717_main2_ss

20170717_main3_ss

【スタジオゲスト】
中国社会や政治体制に詳しい、東京大学准教授の阿古智子さん

劉暁波さんにも取材、中国の市民運動を取材するフリーライターの麻生晴一郎さん

【電話ゲスト】
劉暁波さんを取材した毎日新聞・中国総局の河津啓介さん

香港の「雨傘運動」のリーダー、周庭(アグネス・チョウ)さん

———————————————-

中国の民主活動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が、
今月13日、亡くなりました。

劉さんは、今年6月、肝臓がんの全身転移が発覚し、
本人や家族は海外での治療を希望していましたが、中国政府は最後まで
出国を認めず、国際社会から批判を浴びています。

劉さんの遺体は火葬後、海にまかれ、
これについて、中国政府は家族の希望だと説明していますが、
支援者が集まりかねない墓地への埋葬を阻止する狙いがあったとみられます。

劉暁波さんは2008年、中国共産党の一党支配を批判する
「08憲章」を発表し、懲役11年の判決を受けましたが、
2010年に民主化を求める活動が評価され、獄中でノーベル平和賞を受賞。
民主化運動のシンボル的な存在でした。

劉さんの訃報をめぐって、国際社会から
中国政府に対する非難の声が相次ぎ、また、香港では、
民主派団体による追悼デモ行進も行われました。

今夜は、改めて劉暁波さんとはどんな人物だったのか、そして、今後、
精神的支柱を失った中国の民主化運動はどうなるのか、専門家の方と考えました。

 

 

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================