お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

なでしこジャパンを牽引した、澤穂希の言葉

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

2011年7月。日本時間の、18日 午前3時45分。ドイツ・フランクフルトのスタジアムで、サッカーの国際大会「FIFA女子ワールドカップ」の決勝戦が始まりました。

決勝に駒を進めたのは、アメリカと日本。下馬評では、過去2回優勝しているアメリカが有利で、実際、日本の女子代表「なでしこジャパン」は、アメリカの女子代表との試合で、1度も勝ったことがありませんでした。明け方の生放送を観たという方も、多いのでしょうか。試合は前半を終え、スコアは「0対0」のまま。攻め急ぎ、猛攻を仕掛けるアメリカに対し、日本は堅実に対応。防戦一方の展開でしたが、耐え続け、前半を無失点で乗り切ったことでチームの雰囲気も良くなっていったそうです。

試合が動いたのは後半24分。なでしこが選手交代をした直後の隙を突かれ、アメリカに先制点を奪われてしまいます。残すところ20分。アメリカには、やはり勝てないのでしょうか。しかし、なでしこたちは、走り続け、後半36分に追いつき、試合は延長戦に、もつれる戦いになりました。

この試合に、並々ならぬ思いを持って、臨んだ選手がいました。キャプテンとして挑んだ、澤穂希選手です。女子サッカーの黎明期、10代の頃から日本代表に選ばれたレジェンド。この大会でも、たくさん、試合を決める活躍をして来ました。

延長前半、アメリカに、勝ち越し点を許します。一般的にサッカーの試合において、延長戦での「逆転」は困難とされる中、澤選手はチームメートを鼓舞します。「あきらめるな、行こう」。

常日頃「苦しい時は私の背中を見て」と声をかけ続けた澤選手が、まさに有言実行。残り時間3分を切る中、味方のコーナーキックに飛び込んで、奇跡の同点弾を決めます。
精神的にショックを受けたのは、アメリカのチームだったのでしょう。結果は、みなさんご存知のように、延長戦を終えても同点、PK戦の末に「なでしこジャパン」が初優勝を飾りました。この年の3月に発生した、東日本大震災で、悲しみに暮れる日本を勇気付ける、大快挙でした。

日本原産で、古来から、日本で愛された花、なでしこ。非常に強く、どんな環境でも育ち、踏まれても負けない「なでしこ」の花が強く可憐な花を咲かした瞬間でした。

改めて考えると、やはり日本の女性は強いと言えますよね!粘り強さと持久力、そして、あきらめない精神力。戦後、国際舞台への復帰となった、東京オリピックの女子バレーボールで金メダルを獲得、日本中を勇気づけたのも〝東洋の魔女〟でした。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。