お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

日本一小さいと言われる遊園地は、あの有名詩人ゆかりの土地 

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日は、群馬県・前橋市にお住まいのリスナーさんからの、おたよりをご紹介しました。
なんと前橋には、日本一小さな遊園地「るなぱあく」があるそうです。正式名称は「前橋市 中央児童遊園」。ここはもともと、前橋出身の、詩人・萩原朔太郎ゆかりの公園でした。朔太郎の詩集に『遊園地にて』という作品があり、そのなかで、朔太郎は、「遊園地」という言葉に、カタカナで「ルナパーク」というフリガナを振っています。そこから、2004年に、この遊園地の愛称が「るなぱあく」に、決まりました。

サッカーコート2面ほどの広さの敷地に、大きな乗り物は「ひこうとう」「まめ汽車」「ミニヘリコプター」「まめ自動車」「メリーゴーラウンド」「くじらの波乗り」「ウェーブ スターライド」「くるくるサーキット」の8種類。

小さな乗り物は、コイン式の小型遊具と、シンプルな電動木馬。さらに、無料の「すべり台」も設置されています。開園したのは昭和29年(1954年)ということなので、今年で64年目となります。大きな仕掛けや、最新テクノロジーを使ったテーマパークのアトラクションも素敵ですけど、シンプルでありながらも、どこか懐かしい遊園地もいいですよね。

番組ではみなさんからのお便りをお待ちしています。
Eメールの場合は、番組ホームページから、お葉書の場合は、郵便番号107の8066 TBSラジオ『檀れい 今日の1ページ』まで

お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分とCMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。