お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

36才男性・理事長さんの俺の5つ星『部活の帰り道に食べた“みのるや”のライスコロッケ』のエピソード。[伊集院光とらじおと内]

俺の5つ星

36才男性・理事長さんの俺の5つ星『部活の帰り道に食べた“みのるや”のライスコロッケ』

およそ20年前、
大田区の鵜の木にある東京高校に通っていた頃、
学校の近くに「みのるや」というおにぎり屋さんがありました。

バンダナにヒゲのひょうひょうとしたオヤジさんが名物で
朝は生徒でいつも大行列でした。

この「みのるや」で忘れらないのが「まぼろし」というメニューでした。

「まぼろし」は、
たっぷりと鶏の出汁がしみ込んだ炊き込みご飯を三角おむすびにして、ライスコロッケのように衣をつけて油で揚げます。
その上から、タマゴのタルタルソースをたっぷりとかけたものでした。

手や口はベタベタになりますが、
サクサクの衣を齧り、中から香ばしい醤油と濃厚な鶏の出汁が口いっぱいに広がり、部活帰りの学生にはたまらないおいしさでした。

「みのるや」は、いつの間にかなくなってしまいましたが、
「まぼろし」の味はもう食べられないのでしょうか?
あの個性的だったオヤジさんは 何をしているのでしょうか?
ご存知の方は教えてください。


2017年7月18日O.A.

36才男性・理事長さんの俺の5つ星『部活の帰り道に食べた“みのるや”のライスコロッケ』

●パーソナリティー:伊集院光
●アシスタント:上田まりえ
●調査員:パーマ大佐

 

ピックアップ