お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】特集「九州の面積を上回る土地が所有者不明に〜日本の土地問題、その現状と課題」吉原祥子×新雅史×荻上チキ 7月20日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ・Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

▼Main Session

九州の面積を上回る土地が所有者不明に〜日本の土地問題、その現状と課題

【スタジオゲスト】
『人口減少時代の土地問題』の著者で東京財団・研究員の吉原祥子さん

【TELゲスト】
『商店街はなぜ滅びるのか』東洋大学助教で社会学者の新雅史さん

相続の未登記などで、所有者が分からなくなっている土地の面積は、全国で約410万ヘクタールに上るとの推計結果を、有識者で作る「所有者不明土地問題研究会」が、先月発表しました。これは、全国の土地のおよそ2割に上り、九州を上回る面積となっています。こうした中、政府は、今月策定した経済財政運営の指針「骨太方針」に、所有不明の土地を国や自治体が利用できる仕組みを検討することを盛り込んでいて、来年の通常国会で必要な立法措置を取る方針です。

そこで今夜は、なぜこれほど多くの土地が、所有者不明になってしまっているのか?こうした土地の増加で、どのような問題が生じるのか?そして、今後、どのような対策が必要なのか?専門家の方に伺います。


★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================