お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

台湾・韓国からブーム 第4の「かき氷」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日・7月25日は、かき氷の日です。数年前からブームのかき氷。最近は、かき氷マニアの事を「ゴーラー」と呼ぶそうですが、かき氷は、時代によって、様々なトレンドがあるようです。かき氷評論家・かき氷写真家の原田泉さんによりますと、かき氷の種類は4つ。

第1世代と呼ばれるのは、定番の赤や黄色などの色とりどりのシロップがかかったカラーシロップ系。
第2世代は、鹿児島名物「白熊」に代表される、かき氷に、アイスクリームやお菓子、果物、ゼリーなどをあしらったもの。
かわって第3世代は、お茶のシロップにアンコや白玉などを組み合わせた日本の伝統的な甘味系。
そして今ブームを起こしているのが、ココアや生クリーム、ナッツなどがのった、進化系と呼ばれる第4世代のかき氷。

ここ数年、日本への進出が目立つのが、アジアのかき氷専門店。台湾のかき氷店の特徴は、贅沢なフルーツのトッピング。もはやスイーツと言える程で、きめの細かい、ふわふわのかき氷の上に、マンゴーなどのフルーツがたっぷりのっています。また、去年、原宿にオープンした「ソルビン」に代表される韓国のかき氷店は、ミルクを含んだパウダースノーのようなサラサラした食感の氷が特徴。その、やわらかい氷の上に、きな粉とアーモンドがたっぷりかかったものや、イチゴやお餅がのったものなどがありまして、日本でも人気を集めています。

日本のお店も負けていません。例えば、東京・赤坂にあるチョコレート専門店「MAMANO(ママノ)」のチョコレートを使ったかき氷。とくに、夏の間だけ、期間限定で提供する「チョコレート・スノーマウンテン」は、芳醇な香りが特徴のエクアドル産の非常に希少なカカオ「アリバ・カカオ」のチョコレートを使った、かき氷なんです。冷凍庫でおよそ20時間かけて凍らせた、チョコレートの氷を、薄く削っていまして、口どけも良く、とても評判とのこと!

そして、このかき氷ブームに、おもちゃメーカーも面白い商品を出しています。タカラトミーアーツが6月29日に発売したのが、井村屋のアイスキャンディー『あずきバー』を削って、かき氷にすることができる『おかしなかき氷 井村屋あずきバー』。世界一固いとも言われる「あずきバー」をあえて削る事で、ふわふわのかき氷にする、このおもちゃ。発想が面白いですよね。一度、試してみたいです。  

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。