お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

山下景子さんに「美しい日本語」を伺いました

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

yamashitasan

7月28日は、作家・評論家の山下景子さんをお迎えしました。
兵庫県出身の山下さんは短大を卒業後、作詞家を志し、
北海道や名古屋など各地のコンクールで数々の賞を受賞されました。
その後、作詞のために「美しい日本語」について勉強を重ね、
12年前、2005年に出版した著書「美人の日本語」は
26万部を超えるベストセラーになりました。
これまで、「大切な人に使いたい、美しい日本語」や
「手紙にそえる季節の言葉 365日」など、
日本語に関する本を多く出版されています。

今回、有馬隼人・山瀬まみともに、「美人の日本語」を拝読し
山下さんにお会いすることを非常に楽しみにしていました。
山瀬は普段から葉書や封書で手紙を良く書いています。
有馬はアナウンサーとして言葉の大切さを実感しています。
そんな2人だからこそ、山下さんにお聞きしたいことが
数多くあったようです。
今回、美しい日本語の表現や季節の言葉はもちろん、
そして、SNS文化に象徴される日本語の変化についても
いろいろとお伺いしました。
「大切に人に、久しぶりに手紙を書いてみようかな・・・」
そんなことを感じる時間でした。

詳しくは、radikoのタイムフリー機能でどうぞ。

山下さんに伺った美しい日本語の数々は
PHP研究所から発売中の最新刊「日本美人の七十二候」を
始めとする、山下さんの著書に掲載されています。
詳しくは、山下景子さんの公式サイトをご覧ください。

http://yumenokotonoha.com/

有馬隼人とらじおと山瀬まみとゲストと 2017年7月28日(金)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170728100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ラジオでは、AM954kHz、FM90.5MHz、
そしてPCやスマートフォンではradikoでもお聴きいただけます。
是非、お聴きください。