お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

群馬・桐生の「のこぎり屋根」のルーツはイギリス

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日は、群馬県桐生市のリスナーさんからのおたより「のこぎり屋根」について、ご紹介しました。「のこぎり屋根」のそもそもの目的は、「採光」。陽の光を窓から取り入れるためです。ただし、方角が重要で、窓がある、垂直に近くて短い屋根側は必ず北向きに作られ、その屋根の部分に大きな天窓が取り付けられます。

「あれ? 南向きの方が明るくなっていいんじゃないの?」と思う方!間違ってますよ〜。なぜなら工場内への直射日光を抑えるためには、間接光のほうが、光の量に変化が少なく、一定の光源が得られるんです!ちなみにこれは、産業革命後のイギリスで作られたデザインで、日本でも近代産業の育成が始まった19世紀後半に導入されました。このノコギリ屋根の工場は全国に作られ、絹の町として栄えた桐生には大小さまざま、およそ350棟の工場が建てられたそうです。

電力の供給も安定し、蛍光灯も一般化してからは、わざわざノコギリ屋根を作って、光を採る必要がなくなったため、過去のものになってしまいましたが、桐生市では、近代遺産を残す動きもあり、現役で稼働している工場以外は、倉庫や住宅、レストラン、アトリエなどに転用され、町おこしの一環として活用しているそうです。こういうのも雰囲気があっていいですね!

お聴きの皆さんもぜひ、お便りを寄せください。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。お待ちしています!
TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。