お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

美容師の「ハサミ」実は超高級品

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日8月3日は「はち」の「さん」で「ハ」「サ」です。あれれ「ミ」はどこに行ったの? そう思った方、ご安心ください。この記念日は、有名な美容家の、山野愛子さんが提唱し、「使えなくなったハサミの供養」を、今日の午後3時に行なうことから、8月3日の午後3時」で「ハ・サ・ミ」となりました。

美容師さんや理容師さんの場合、仕事の道具としてハサミを使います。ハサミに感謝し、技術の向上を目指す目的で、今からちょうど40年前の1977年・昭和52年に制定されました。ちなみにハサミ供養は東京・芝にある「増上寺」などで行なわれるそうです
    
さて、美容師さんが使うハサミ。実はかなりの高級品です。一般家庭で使うものとは異なり、使用時の摩耗は少なく、切れ味は抜群。またパーマ液やヘアカラーに万が一触れても薬剤に耐えられるように特殊な素材で作られているそうです。

業界では「シザー」と呼ばれ、毛先を揃えるための「ブラント」、すきバサミの「セニング」、刃先が緩やかにカーブしている「アール」などいくつもの種類があります。これらのプロ向けのハサミは美容師の好みや個性、さらに大きさ長さごとに細分化され、国内に数十社あると言われるメーカーが作って提供しているそうです。

気になるお値段ですが、1つ数万円から数十万円!なかにはその上の桁に届くものもあるとかないとか。大事に扱い、研いで、手入れをすれば長く使用できますが、それでも寿命はあります。じゅうぶんに愛着を持って使い、役目を終えたハサミに、「ありがとう」の意味を込めて供養するのも素敵なことですよね。

ちなみに美容師さんが困ることのひとつに飛行機の機内に自分のシザーを持ち込めないことだそうです。そういう機会は、そもそも少ないのですが、ちょっとした衝撃でも調整がずれる場合もあるそうなので、大事に梱包して預けるしかないそうです。大変ですね。

お聴きの皆さんもぜひ、お便りを寄せください。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。お待ちしています!
TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。