お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

TBSラジオのニュースデスクって何してるの?

ジェーン・スー 生活は踊る

番組金曜レギュラーの堀井美香アナが7月からTBSラジオのニュースデスクも兼務することになりましたが、そもそもニュースデスクって何をする仕事なのか…?
今日は、ラジオをより身近に感じるための生活情報ということで、TBSラジオのニュースデスクについて。

6544

「ニュースデスクって、部署の名前? それとも肩書き?」

  • TBSラジオニュース情報部に所属する「役職」の名前。ニュースをまとめて差配する役割を担う。
  • 普段は取材記者やディレクターをしている人も、夜間勤務中などにはデスクの役割を担うことがある。

「ニュースデスク」って何するの?

  • TBSラジオ全体のニュースの情報を、どの番組がどのように扱うかを決める仕事。一言で説明するなら「ニュースの門番」
  • ニュース情報部にはTBSテレビの報道部や、共同通信・時事通信などの通信社から入ってくる情報がある。それらをまとめ、どのニュースをどのくらいの大きさで扱うかを決め、各番組へ通達するという権限を持っている。速報を打つ決定権もある。
  • 災害や大きな事件事故など、突発的な事態には、今の状況を把握して提供する役割。情報部の近くには交通デスクとのホットラインや気象予報士が常駐。それらと連携をとり、TBSテレビやJRN系列局からの情報も仕入れ、裏もとる。

「ニュースデスクはどこが難しい?」

  • ニュース価値の判断を始め、自分で読むニュース原稿を書いたりリライトもする。ニュースに対する理解や世間の温度感を掴んでないといけない。新聞各紙を読み、ニュース番組を見て、世情に通じる。社会常識はもちろん時事問題や専門用語、人の名前も知っていないといけない。
  • 「どのニュースをどのくらいの大きさでどの順番で伝えるか?」は迷うし、悩む。ニュースの伝え方に正解はない。みんなが知りたいことを伝えないといけないし、みんなが関心が無くても伝えないといけないニュースも。

DSC_1031

これをきっかけにニュースデスクを身近に感じて頂けたら幸いです。