お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

若者からウザがられる「Facebookおじさん」問題。どうすれば嫌われない?【ネット編集者考察】

興味R

2017:08:07_鳴海01

若い人たちの一部で「Facebookおじさん」と呼ばれて煙たがられているおじさんたちがいるのをご存知でしょうか。

若い子たちからすると、SNSをいまいちスマートに使いこなせてないのに自己顕示欲が強すぎて、見ていてイタイ。そんなトホホなおじさんたちのことだそうです。

ニュースサイト「バズフィード・ジャパン」の編集者、鳴海淳義さんに具体例を挙げてもらいました。

「ひとり語りおじさん」
長文を投稿。情報性がない単なるひとり語りだったりする。
若者の反応▶「ブログでやれ」「読んだ時間返せ」

「女性と一緒にいること匂わせおじさん」
単なる食事の写真かと思いきや、テーブルの対面に女性が見切れて写ってたりする。
若者の反応▶「こういうことばっかり投稿してる人と一緒に食事したくない」「俺モテてる感が逆にダサイ」

「仕事自慢おじさん」
誰もいない深夜のオフィスやイケてる企業のエントランス写真をアップしている。
若者の反応▶「読んだ我々にどうしろと?」「マウンティングうざい」

「無差別タグ付けおじさん」
やたらと大量のタグ付けをして不特定多数と絡もうとする。
若者の反応▶「滑った投稿に巻き込まれると自分も滑ってるように見える」「人との距離感ちゃんと計れてる?」

などなど……あいたたた〜。

SNSを肴に語る世代格差とネットリテラシーの話。そしてSNSでおじさんの生きる道とは? 詳しくはこちらをどうぞ↓↓

2017:08:07_鳴海03