お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ユニクロの合皮6000円ライダースは水洗いで本革チックに着る【プロ断言】

ジェーン・スー 生活は踊る

そろそろ店頭に並び始めた秋物。ファッションバイヤーに今シーズンのトレンドとオススメアイテムを聞きました。

生活は踊る207108080

トレンドは、「無地」「シンプル」から「柄」「デザイン」へ

長らく、「無地」「シンプル」のものがトレンドでしたが、この秋冬は「柄物」「デザイン」ものが多く売られています。例えばニットなら「ミックスニット」、シャツなら「ストライプ」が人気。普通の格好をする、いわゆる「ノームコア」から目新しくするために、1点でも良いので、何かデザイン・色・柄・小物を意識すると今年っぽくなります。

ビックシルエットは健在だが、秋冬は細めのパンツが◎

シルエットは、まだまだビックシルエットが健在。特にアウターはルーズなシルエットが多い。パンツもちょっと太めなワイドパンツが人気ですが、それだけじゃなく、太いんだけど裾が細いような「テーパード」が再び登場。これは考えてみれば当たり前。秋冬はコートやジャケットなどボリュームある上着が増えます。これに太いパンツを合わせると上下ともにボリュームがでてだらしなくなります。なので、秋冬は太めより細めのパンツが似合う場合が多いんです。「太いパンツを履かなければ時代遅れ」ってわけじゃありません。

9月と10月は薄手のニットカーディガンが大活躍

薄手のニットカーディガンは便利。暑い時には肩がけすればいいだけ。肩がけというと抵抗あるかもしれませんが、Tシャツなどのトップスと同じ色にすれば「プロデューサー感」がなくなります。黒Tに黒カーディガンとか、白Tにベージュカーディガンとか。また7分袖もオススメ。9月や10月に半袖だとちょっと季節外れ感がありますが、7分袖なら季節感もちゃんと出せる。「七分袖」と「カーディガン」は最強のコンビ。

一押しはユニクロのライダース!お値段なんと5990円!

ユニクロが久々にレザーを出しました。合皮なんですが、これが全然合皮っぽくない!ITだけじゃなく、アパレルも「日進月歩」の世界。素材は東レなどの企業が次々と新しいものを開発しています。特にフェイクレザーは年々リアルレザーとの風合いの差がなくなっています。正直、プロが見てもちょっと区別がつかないレベル。

ユニクロのレザーもかなりリアル。少しビニールっぽさがまだありますが、裏技を使えば一気に本革っぽく見えます。その裏技とは、洗濯機で一度水洗いをかけてあげること。ヴィンテージ風に少しシワが入って本革ライクになるんです。実はこれ、アパレルでは有名な小技。「金具が洗濯機に当たって擦れ跡ができた〜」とかのクレームが怖くてどこも推奨してないんですが、デザイナーとかショップスタッフは買ったばかりのレザーを洗濯機で洗いをかけてシワをわずかな縮みをつけてヴィンテージ風にしちゃうんです。

ユニクロのライダースを水洗いすると…
生活は踊る210170808
シワがいい感じに。

ちなみにタグにはちゃんとユニクロのロゴが。
生活は踊る20170808