お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

時間もお金も無い中で生まれた名作「トラック野郎」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

2014年に亡くなった、俳優の菅原文太さん。もし生きていらっしゃったら、きょうが84回目の誕生日でした。映画「仁義なき戦い」シリーズでは、怖〜い演技が印象的でしたが、「トラック野郎」シリーズでは超ド派手な電飾をほどこしたトラック、通称「デコトラ」で全国を横断するトラックトライバー役を見事に演じて、人気を博しました。

1975年にスタートした名作「トラック野郎」シリーズ。実は、愛川欽也さんと、菅原文太さんによる持ち込み企画だったそうです。ドタキャンで製作出来なくなった作品の穴埋めとして、急遽、お二人が持ち込んだ企画をもとに、トラックドライバーを主人公にしたロードムービーが生まれました。しかし、企画から撮影を含め、非常に短期間で製作されたそうです。加えて、お金もない厳しい状況で、懸命に作った作品は、何と、封切り1週間前にギリギリ、クランクアップ!!    
    
正直、配給会社もあまり期待していなかったそうですが、その年に映画スターを揃えて挑んだ大作「新幹線大爆破」を超える大ヒットを記録しました。

映画の中では、豪快ながらも、どこか抜けているところもある、憎めないキャラクターを演じていた菅原文太さんでしたが、素顔は物静かで、知的な方だったと言われています。お父様は、仙台の新聞社の記者、菅原文太さんご本人も高校時代は進学校の新聞部に所属。同じ高校の一学年下には作家の井上ひさしさんもいらっしゃったそうです。
     
晩年は、農業に力を入れていたそうで、奥様の文子さんによると、菅原文太さんが生前に蒔いた種は2つ。
1つは、「先進諸国に比べて、生産量の少ない無能薬有機農業を広める事」。もう1つは、「再び戦争をしてはならないという願い」でした。
    
 
番組では、皆さんからのおたよりをお待ちしています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ 「檀れい 今日の1ページ」まで。
メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。お待ちしています!

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。